閉じるボタン

「ひばりの娘船頭さん」(1955)

0点--
潮来を舞台に、美空ひばりが娘船頭に扮して、タップリ歌を聞かせる歌謡映画。お光の家は、漁師の源助じいさん、船頭の兄・信一の3人暮らし。お光はある日、東京の美術学校生、水野と親しくなる。お光はかねてから東京に出たがっていた信一の就職を水野に頼み、自分が兄の代わりの船頭になるが……。

あらすじ

水辺の町潮来に、お光の家は兄の信一と祖父の源助と三人暮しである。源爺は漁に出かけ、信一は渡しの船頭をやっている。お祭も近くなったある日、美校生の水野が東京から絵を描きにやって来て、信一とお光と知り合い仲良しになった。信一はかねてから東京で働きたいと思っていたが、源爺はそれに反対であった。お光は、しかし、水野の叔父が東京でラジオ工場をやっているというので、信一の就職を水野に頼むのだった。間もなく東京へ帰った水野は、早速手紙をよこして信一の就職に承諾の意を示した。あとのことを心配する信一だったが、お光は兄を元気づけてそっと東京へ発たせた。それを知って立腹した源助も、ほんとは淋しそうで、居酒屋で酔って来る日が多く、そのためかやがて寝込んでしまいワカサギ漁にも行けなくなった。お光は漁師の久作に頼んでワカサギ漁に連れて行ってもらい、その分前の金を信一を愛している妙子に託した。信一が工場で怪我をしたと云う知らせがあったからだ。始めてそれを知った源助は、心配の余り、お光の前で信一に対する憤りの念をもらした。ところが妙子とすれ違いに帰って来た信一は、図らずもその声を外から耳にし、自分の弱気を恥じてそのまゝ東京へ引き返して行った。無理してワカサギ漁に出た源助の容態が悪くなり、床に就いてしまった。お光は渡し場にいて、再び訪れた水野の姿を見出した。水野は約束した絵をお光に渡し、霞ケ浦を廻って東京へ帰って行った。お光が家へ帰ると、源助が苦しい息の下で信一の名を言いかけながら息を引きとった。水の上をお光の船が通り、その歌声も悲しく流れて行く。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1955年
製作国 日本
配給 松竹大船
上映時間 85
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する