閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「風流深川唄」(1960)

0点--
「蟹工船」「黒い潮」などで演出にも非凡な才を示した俳優・山村聰の監督作。富岡八幡宮の祭礼に沸く、古き良き時代の東京・深川を舞台に、大料亭の暖簾を守るためにつらい別れを決意した若い男女の姿を描いている。日本映画の黄金期を担った名優たちが、大挙出演している点も見逃せない。

あらすじ

深川富岡八幡の祭礼にわく門前仲町に、深川名物の一つと謳われて古いのれんを守る料理茶屋“深川亭”がある。看板娘のおせつは美しい生ツ粋の深川育ち、その評判は遠くまで人の心を集めていた。女房を早く亡くした父の伊三郎は、内妻常盤津師匠文字力を知ってからは、気丈なおせつに店の切り廻しをまかせていた。おせつを助ける板前の長蔵はゆくゆくはおせつと夫婦になる仲だった。祭の一夜が明けた深川亭に思わぬ運命がまいこんだ。恩人太田を救うため深川亭を担保として金を作った伊三郎の好意が仇になり、深川亭は強制執行を受けた。伊勢春を筆頭に親戚縁者の罵倒は激しかった。おせつはのれんは惜しいが、新しい生活にも希望はあった。二人の約束に長蔵の母お滝は驚いた。二人の仲をさいておせつを邦栄堂の若主人に嫁がせ、深川亭再建を計る伊勢春は、昔気質のお滝を説きふせた。おせつは哀しいが、伊三郎から受けた恩も厚かった。長蔵の身にしみ込んだ義理人情の血は母親の願いをふりきれなかった。長蔵は兄貫分の板前助二郎に身柄をあずけた。長蔵の決意の変らぬことに絶望したおせつは、邦栄堂との話にのった。伊三郎の親心も、文字力の尽力も空しく、伊勢春たちの喜びのうちに、結婚の手どりはすすんだ。長蔵の家にもおせつの涙をかくした祝い膳は配られた。お滝の手をふり切った長蔵は、永代橋にかかったおせつの花嫁行列を追った。おせつの顔に悲しい決意を読み取った長蔵は、思わず人力車を掴んだ。涙を流すおせつを乗せて、車はたちまち河岸通りから消えた。−−新開地の小料理屋“ふかがわ亭”をいとなむのは若い夫婦、遠く離れた深川八幡の祭り提灯の出ているのが曰くありげである。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
配給 東映東京
上映時間 87
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する