閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「風雪講道館」(1955)

0点--
柔道の創始者、矢野正五郎を主人公に据えた男のドラマ。学習院で講師をしつつ、柔道の研究を続ける正五郎には敵も多かった。そのうちの一人、泉専太郎一派に襲われた彼は、これを撃退するが、新聞に悪く書かれてしまう。彼は学習院教師としての責任を問われるが、彼を狙う敵と闘わねばならぬことに。

あらすじ

若き日の矢野正五郎は、学習院に教鞭をとりつつ、柔道の研究を続けた。唯一の弟子戸田は関屋柔山の道場移転祝いに代理で出席したが、矢野に悪意を持つ泉らのため袋だたきの目に合った。回船問屋島は矢野に道場建設の援助を申出ていたが、孫娘千鶴は戸田に愛情をよせていた。ある日、矢野は泉らの一味に襲われ、やむなく彼等の虚をついて撃退した。これが新聞に悪く書かれ、学習院教師としての責任を問われ、妹須賀子の縁談も相手の清閑寺家から断られた。清閑寺は富豪椿家の娘早苗との政略結婚を進めていた。矢野を慕う早苗は驚いて雨中を彼のもとへ馳けつけたが、そのため胸の病を悪化させ、大磯の別荘で静養した。矢野は箱根山中で天誅党と名乗る邪悪な柔術家井沢周蔵の一行に会い、その中の鬼石佐平に狙われたが、危く難をかわした。その帰途、矢野は大磯に早苗を訪ね、余命いくばくもない彼女から愛の告白をうけた。その留守中、掛札、村井、門馬らの柔術家は矢野に挑戦状をつけた。戸田は足の傷をかくし、千鶴に別れて御台場に向い、再び彼等に痛めつけられた。然し旅から帰った矢野は未だ黙々として戸田と新弟子の津崎、壇を相手に熱心な研究をつづけた。長作の援助で新道場が開かれた日に、戸田は掛札兵助を投げ、矢野は鬼石佐平に堂々の勝利を得た。かくして矢野の唱える正しい柔道の基礎は固ったが、その同じ日に早苗は矢野の勝利を祈りながら息を引きとった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1955年
製作国 日本
配給 大映東京
上映時間 96
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する