閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「紅蝙蝠〈1958年〉」(1958)

0点--
松竹が当時、“七人若衆“シリーズで花ノ元寿らとともに売り出そうとした7人のリーダー格・松本錦四郎主演作。幼なじみの姫・おいちが、家老の息子・帯刀と婚約したのを苦に脱藩した戸並長八郎。彼は家老と帯刀の陰謀を知り、藩と姫を救うため大活躍をする。引退近くの丸根演出には、残念ながら往年の才気が感じられない。

あらすじ

−−江戸時代。出羽高畠五万石織田家の家老・藍坂群太夫は巨額の藩金を横領し、それが露顕すると、主君信邦を毒殺し、藩政を一手に握ろうとした。群太夫の息・帯刀は故信邦の愛娘・おちい様と許婚だった。が、父と結びおちい様を老中田沼の側室に差し出すことで、父の仕事を助けようとした。自分は田沼の姪を嫁にして織田家を継ぐつもりである。江戸家老新藤五左衛門は、その田沼の意向を知らされ、苦しんだ。彼の甥・戸並長八郎は姫と幼馴染みだが、先年脱藩した。彼女が帯刀と婚約したのが苦しかったのか。長八郎は江戸で最も気の荒い牛方たちと喧嘩し、その元締谷ツ山と知り合った。姫から貰った印篭をすりとったお滝という女スリを、牛方たちがかばったのが因である。そのとき、長八郎は叔父五左衛門に会い、藩の窮状を始めて知った。彼は出羽へ行き帯刀を問いつめた。帯刀の心はすでにおちい様の上にはなく、出世慾にとりつかれていた。お滝は素朴な長八郎にひかれた。彼女は舟宿「船清」の女将でもあり、谷ツ山とともにひそかに群太夫らの陰謀を探った。田沼は故信邦の一周忌の法要を開き、姫をおびき寄せた。帯刀はひそかに江戸に来ていた。法要の帰途を襲って、姫を五左衛門の手から奪おうとしたのは彼の仕業である。駕篭の中身は長八郎の計略で代ったお滝だった。五左衛門の邸の警固の侍が、次々と何者かに斬られた。長八郎は帯刀の仕業と姫に告げねばならなかった。彼女は信じなかった。帯刀は長八郎に呼び出しをかけ、そのスキに一味は五左衛門を斬り、姫をさらった。彼女を無理矢理、田沼のもとへ送りこもうとしたとき、長八郎が待ち伏せていた。彼は姫の許しを得て、乱闘の末、帯刀を斬った。お滝や谷ツ山らが彼を讃えた。−−長八郎は姫を連れて旅立った。お滝の手に例の印篭が残された。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1958年
製作国 日本
配給 歌舞伎座映画
上映時間 97
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する