閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ラッコ物語」(1987)

0点--
パンダ、コアラと並び、アイドル動物のなかでも高い人気を誇るラッコの生態を追ったドキュメンタリー。アラスカの自然をバックに、TV『わくわく動物ランド』の永田貴士が演出にあたり、斉藤由貴らが吹き替えを担当。ラッコを擬人化してほのぼのと描く。

あらすじ

アラス力の春、夏はラッコたちが愛を語り合う季節。エミリアも夫とこの時機に出逢った。愛の日々が数日続くとラッコには悲しい宿命が待ち受けている。子供を宿したラッコは夫と別れ、岩礁や水中で新しい生命を生みだすのだ。エミリアも可愛い女の子、エミを岩礁で誕生した。半年後、他の動物と同様にもう一つの悲しい宿命、母と子の別離が待ち受けている。強烈にエミに噛みつくエミリア、子別れの儀式が何日も続くが、エミは母親のもとを離れようとしない。そんな時、密猟者のライフルがエミリアに命中した。アラスカの大自然の中で、幼いながらもひとりで生きる難しさを、身をもって体験していかなければならないエミ。そんなエミを鞭打つかのように嵐が襲う。数日後、少年たちによって助けられたエミは、帰郷の旅を始める。母エミリアから教えられた呪文は、エミに強運をもたらせ遭遇から身を守るだけでなく、旅の心強い支えとなった。エミがいちばん嬉しかったのは新しい仲間たちとの出逢いである。また、最愛なる夫との出逢いは安息の日々を与えた。やがて、エミは身篭り、エミリンを生んだ。そそっかしいエミの子育ては一苦労だったが、エミリンはすくすく育っていく。だが、幸福な日々は長く続かなかった。天敵の白頭ワシがエミ、エミリン親子を襲ったのである。エミは必死でエミリンの姿を追うが見つけられない。やがてふたりは再会し、また仲睦まじく暮らしていく。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1987年
製作国 日本
配給 エム・ジェー・アイ=関西テレビ放送
上映時間 95
カテゴリ ドキュメント
チケット 前売りチケットを購入する