閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「はじけ鳳仙花―わが筑豊わが朝鮮―」(1984)

0点--
戦時中、九州の炭鉱に強制連行されて来て、酷使されながら死んでいった朝鮮人労働者の実態を描き続ける画家・富山妙子の絵と詞を用いて、日本人の残虐さと権力への怒りを突きつけるドキュメンタリー。女史は自分の顔を鏡に映して、加害者たる日本人の残忍な顔を描き、死者の恨みの声を聞く巫女となっていく。

あらすじ

 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1984年
製作国 日本
配給 幻燈社
上映時間 48
カテゴリ ドキュメント
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト