閉じるボタン

「初姿丑松格子(暗闇の丑松より)」(1954)

0点--
長谷川伸の原作を島田正吾以下、新国劇総出演で映画化した時代劇。深川の料理人・丑松は、女中・お米と祝言を挙げる。お米に横恋慕する巳之助は丑松の留守中お米に迫るが、帰宅した丑松に殺される。丑松はお米を知人に預け、旅に出る。

あらすじ

深川の料理屋川竹の料理人丑松は、女中のお米と祝言を挙げることになった。お米に横恋慕している川竹の次男の巳之助は、お米の母親お熊に貸した三両の証文をたてに、お熊を脅しに来たが、料理職の元締四郎兵衛の仲介でおさまり、婚礼の式が挙げられた。丑松が喧嘩の仲裁に入った時に知り合った浪人、金子市之丞から祝酒も贈られ、式はささやかながら、和やかに終った。二人はお熊の家の二階に新世帯を持ち、丑松は四郎兵衛の世話で、芝の料理屋へ通った。ある夜、再び脅迫に来た巳之助は、とめるお熊を二階から突き落して殺し、お米に迫ったが、丁度帰って来た丑松は匕首で巳之助を殺した。お米は自訴するという丑松をとめ、金子市之丞の助けで四郎兵衛のところ迄逃げた。丑松はお米を四郎兵衛夫婦に預け、ほとぼりのさめるまで旅に出、熊谷の旅宿の板前になって働いた。二年後、お米恋しさに江戸へ向った丑松は、板橋の宿で夕立に会い、妓楼杉田屋に飛び込み、変り果てたお米に会った。お米は四郎兵衛にだまされ妓楼に売られたのだが、丑松のかたくなな態度に悲観し、自殺した。お米の事情を知った丑松は、四郎兵衛の家へ駈け込み、四郎兵衛と女房のお今を刺し殺した。岡ッ引の常吉や下ッ引の伝吉らに追われた丑松は、板橋の宿迄逃げ、宿はずれの無縁墓地のお米の墓に抱きついて胸を刺した。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1954年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 101
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する