閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「八州遊侠伝 源太あばれ笠」(1955)

0点--
「白鷺三味線」(1955)に続く、“八州遊伝“もの第2作。悪役人・大月忠馬の手から逃れた大岡源太郎。忠馬は、源太郎の恋人・お町をさらい、さらにお町の父・喜左衛門の命を狙う。かつて、忠馬は喜左衛門とともに幕府へ献上する、財宝と名器・白鷺三味線を奪った過去があり、事のすべてを知っている者を殺そうとしていたのだ。源太郎は、忠馬の悪事に立ち向かう……。

あらすじ

小袖峠で秋山要助と刃を交わす白鷺の源太こと大岡源太郎は、悪役人忠馬の囲みを破り、お町と共に逃れた。一方、大利根河原で繁蔵一家は飯岡方を敗走させたが、忠馬の追手をさけ別れ別れに旅立った。繁蔵の家は妹お藤が一人で守り、源太はお町と共に古寺にかくれた。お町の父喜左衛門は娘の身を気づかって番頭留吉を遣わした。彼の顔を見てなぜか驚いた忠馬は、江戸へ向って喜左衛門の命を狙ったが、危く源太に助けられた。繁蔵はひそかに笹川へ帰ったが、忠馬の指揮で成田の甚蔵に殺された。忠馬は更にお町を浚い、彼女に横恋慕する要助に預けた。江戸から帰った源太は忠馬の邸から留吉を助け出した。重傷の留吉は死の直前に次の事実を告白した。喜左衛門はかつて海神松右衛門と呼ばれた海賊で、島津藩の海上見付役忠馬と組んで、幕府へ献上の財宝と琉球渡りの名器白鷺三味線を奪った。忠馬はこの旧悪露見を恐れて喜左衛門の命を狙ったのである。要助はお町を檻禁したが、源太を思う彼女の真情にうたれ、秘かにお藤のもとに送り返した。喜左衛門もお藤にかくまわれていたが成田の甚蔵に殺され、忠馬はその夜のうちに源太らを暗殺しようと押しよせた。繁蔵の子分勢力富五郎らはお藤と共に忠馬に従う助五郎一家と対立し激闘となり、鉄砲隊に狙われた源太をかばったお藤は、秘かに愛しつづけた彼の身替りとなって死んだ。要助も源太に協力して忠馬らを追う時、紀伊守の命をうけた八雲信濃守一行のため忠馬を初め助五郎と源太も捕えられた。やがて取調べの結果、忠馬はお役御免となり、無罪となった源太はお町に迎えられた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1955年
製作国 日本
配給 松竹京都
上映時間 113
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する