閉じるボタン

「裸の重役」(1964)

0点--
中央商事の重役・日高四郎は“仕事の鬼“と呼ばれているが、バーのマダムには“日本一さびしい男“と言われる、妻のいないやもめ暮らし。22歳の娘を社内の優秀な男と結婚させようとしている父親の姿を浮き彫りにした、哀歓あふれる物語となっている。サラリーマンに捧げる人間ドラマ。

あらすじ

日高孝四郎は、中央商事の取締役営業部長であった。精力的な彼の仕事ぶりは、仕事の鬼と称されたが、そんな日高も、バーのマダムには“東京一淋しい男”にうつった。十年前に妻を失くし、二十二歳になる啓子を、社内で最も優秀な男と結婚させようと、心くばる日高には、病人をかかえて定年後の心配をする浜中のことなど、眼中になかった。日高の今日の地位を獲得したのは、実力に加えて社長の小杉、大株主松本のヒキがあったことは事実であった。松本からの話で、三ヵ月欧米をまわってくるようにと要請があった。帰ったら常務間違いなしだ。日高の送別会は、満五十歳の誕生日をかねてもよをされた。ピンクのチャンチャコを送られた日高は、妙に年令を意識した。かって浜中に嘱託となるよう頼まれたことが、自分のことのように思われた。一方娘の啓子は、日高の思惑とは逆に消極的で、出世から忘れられた奥田に好意をよせていた。松本の息子との話があった直後だけに、日高の動揺も大きかった。奥田と啓子の結婚は本ぎまりとなった。これで、日高の社長への夢は破れた。以来彼の強気は一転した。小雨の降るある夜、日高はBGでコールガールをする小西咲子に出会った。彼女との出会いは、日高の心をなごませた。松本の要請で、昔の日高孝四郎になって欲しいとチャンスを与えられた日高は、もう一度仕事の鬼になろうと、誓った。だが、今は、若い咲子を離すことは出来なかった。三カ月五万円の専属契約を結んだ日高は、再び仕事の鬼となったが、契約の三カ月がきれようとする時、日高にとって、咲子は、なくてはならない人間であった。日高は、自分のためにも、彼女のためにも。咲子との関係を続けていこうと思った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1964年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 103
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する