閉じるボタン

「はだしのゲン〈1976年〉」(1976)

80点80
原爆投下前後の広島で、非国民呼ばわりされながらも、力強く生きる少年ゲンの姿を描いた反戦映画。中沢啓治の同名劇画を、独立映画運動の推進者、山田典吾が映画化。主婦層を中心に共感の輪が広がった。

あらすじ

中岡ゲンは、原爆によって父大吉、姉英子、弟進次をうしなった。が被爆直後に母の君江は女の子を産んだ。友子と名づけた。ゲンは、友子に食べさせる米を探しに広島中を歩きまわった。やがて、ゲンにも原爆症の症状が現われ、頭の毛が抜け丸坊主になってしまった。ある日、ゲンは、隆太という原爆孤児と出会い、彼の仲間たちとも知り合った。ゲン一家は、林キヨの家に居候させてもらうが、姑ヨネのしうちに耐えられず、家を出た。そして、キヨから物置小屋を貸してもらい、そこで暮し始めた。しかし、そこの場所も、ヨネに家賃を催促され、ゲンは夢中で仕事を探した。そして、ゲンは原爆で全身にヤケドを負った画家志望の青年・政二の世話をする仕事を見つけた。そんな政二を励ましながらのある日、二人で写生に出かけた。途中水をもらおうとした漁師の家で、原爆被爆者として軽べつされ、政二とゲンの怒りは爆発した。そして、ゲンは政二の全身の包帯をとり、リヤカーで町中ひっぱり歩いた。人人は恐れ、逃げまわった。やがて、政二は死に、君江はゲンといっしょに隆太たちも引きとりわが家の焼跡に小屋をつくる決心をするのであった。そして、その焼跡に麦が芽を出した。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1976年
製作国 日本
配給 現代ぷろだくしょん
上映時間 107
カテゴリ 社会派ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する