閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「人妻椿 前篇・後篇」(1936)

70点70
社長の殺人罪容疑を自らが身代わりになって行方をくらました営業部長・矢野。それは、とり残された妻・嘉子にとっては、転落の人生の始まりであった……。夫が消息不明となった人妻が、数々の運命にもてあそばれていく姿を、長年にわたって描き出した小島政二郎の同名小説を映画化したもの。
製作年 1936年
製作国 日本
配給 松竹大船
上映時間 142
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する