「晴れ姿勢揃い・剣侠五人男」(1959)

0点--
長崎奉行・大野丹波守のはからいで江戸城に招かれた豪商・唐人屋のたいそうなお大尽ぶりは江戸中で評判となっていた。唐人屋と丹波守の背後に何かあると睨んだ北町奉行・遠山金四郎は、目明かし・閂の為八らにその内情を探らせるが……。高田浩吉大熱演の娯楽時代劇。

あらすじ

江戸中は、長崎奉行大野丹波守の計らいで江戸城に招かれる豪商唐人屋のお大尽ぶりが評判だった。その唐人屋が虎ヒゲの露払いも物々しく浅草にさしかかった。と、虎ヒゲと遊び人風の与吉の間に掴み合いが始まった。仲裁に三平太、目明し閂の為八、人入れ稼業仏の文七が加わった。が、唐人屋をかいま見た与吉はなぜか逃げ出した。北町奉行遠山金四郎は、唐人屋と丹波守の背後に何かあると睨み、為八に内状をさぐらせた。唐人屋では文七身内から三平太まで傭い入れ、厳重に屋敷を守らせた上、丹波守を招いて酒池肉林の大散財。そのさ中、二人の曲者が飛びこんだ。一人は与吉、一人は文七の妹お糸が思いを寄せている源太郎だった。源太郎の話はこうだ。五年前長崎で与力をしていた源太郎の父は、不正の暴露を恐れた当時長崎奉行控え室の丹波守と、競争相手の丹波屋を潰す魂胆の唐人屋のために、長崎屋と密貿易を働いたという罪で切腹を命じられた。その恨みに一太刀なりともと唐人屋に斬りこんだのだという。悪事の唯一の生証人船頭太市は、頭に刀傷を残して行方知れなかった。その頃、浅草奥山では中国劇が人気を呼んでいた。これをのぞいた三平太は、投げ剣の唐人娘英蘭がお糸とそっくりなのに驚いた。源太郎は為八の手引きで、捕えられていた与吉こと太市と再会した。三平太から英蘭のことを聞いた為八は、お糸と英蘭を会わそうと図った。が、英蘭は唐人屋の番頭に倒された。英蘭は源太郎が死んだと思っていた実の妹お雪だった。為八はお雪が残した唐人屋悪事の証拠を彼らにたたきつけた。源太郎、与吉、三平太、そして金四郎らが飛びこんだ。源太郎唐人屋を斬り、大野も捕えられ、事件は落着した。数日後、源太郎はお糸と結ばれ長崎へ向った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1959年
製作国 日本
配給 松竹京都
上映時間 84
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する