閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「春の鐘」(1985)

0点--
古陶磁器の美の世界に魅せられ、奈良で美術館館長をしている男と陶工家の娘、その男に顧みられず肉欲に溺れる妻と医師、という二組の不倫の愛を軸に、男女の情念の葛藤を描いた大人のラブロマンス。相反する二人の女を、三田・古手川が好演。

あらすじ

鳴海六平太は東洋美術に魅せられ、奈良にある佐保美術館の館長を勤めている。彼の妻範子は、鳴海の想いとは別に東京を離れることが出来ず、二人は別居生活を送っていた。範子は夫に顧りみられない淋しさから都会の堕落した生活に浸り、医師である勝森と愛情のない関係を持ち続けていた。ある日、上京した鳴海は範子と勝森の関係を知るが、子供の為に離婚はできず、仕事に打ち込むのだった。そんな時、鳴海は信楽の陶工家石本八郎を訪ね、彼の娘多恵と出逢う。そして、八郎に頼まれ、多恵を佐保美術館で働かせることにした。多恵は伊勢松坂の旧家へ嫁いだが、子供が生まれないという理由で離婚され、実家に帰されていたのだ。一方範子は、パーティで友人の早苗に紹介された村田と浮気をする。多恵は偶然にも鳴海と同じマンションに住むことになり、二人はいつしか愛し合うようになった。範子は、夏休みに鳴海を訪ねた子供達によって多恵の存在を知り、奈良にやって来た。だが、鳴海は範子を冷たく拒否。そんな時、多恵の前夫・久一が部屋に押し入り、彼女を襲うという事件が起きた。多恵のいる病院へ出かけるという鳴海に、範子は子供のことを持ちだし彼を引きとめようとするが、二人の間の溝は深まるばかりだった。範子は母親・克子に自分の浮気のことを悟られるが、どうすることもできない。鳴海と多恵は秋篠の里に一軒家を借りた。それを告げに鳴海は東京の家を訪れた。範子はどうにかして鳴海との間をやり直したいと願うが、鳴海は範子を許せない。桜の花の散る頃、範子が秋篠の里にやって来た。鳴海と範子を残し、一度は家を出た多恵だったが、聞こえるはずのない鐘の音を聞き、不安を感じ家に戻った。そこには範子に足を刺され、傷ついた鳴海がいた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1985年
製作国 日本
配給 東宝映画
上映時間 129
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する