閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「春一番」(1966)

0点--
割烹旅館“花霞“の看板娘・露子は、母に代わって店を切り盛りしていた。ある日、外務省勤務の治郎と恋に落ちるが、彼の母親に交際を反対される。露子の母の未亡人・民子が、極秘に妻子ある男性と深い仲であることが発覚したからだ。原作は芝木好子の『女家族』。女性ドラマのヒット作。

あらすじ

浜町の割烹旅館“花霞”の長女露子は、未亡人の民子を助け看板娘として、人の目をひいていた。そんな露子に民子は店をまかせきって、箱根に花の活けこみにゆくことも度々だった。ある日民子の妹良子の夫狭山が友人の杉山と吉野らを連れて“花霞”に来た。その翌日杉山の忘れ物を届けに外務省を訪れた露子は、父と同じ課に勤める杉山の息子治郎に会った。治郎は買い出し姿の露子の姿に魅せられた。この話を聞いた杉山は早速狭山に仲人を依頼した。しかし妻の玉枝は喜びながらも、家柄などが不釣合ではないかと母親らしい心配をした。見合は大成功に終り、玉枝も露子を一目で気に入った。そんなある日、“花霞”を篠沢烈と名乗る少年が訪ずれた。露子は烈の父静男が民子と深い仲であることを知り、深い絶望感にとらわれた。そんな中で治郎は露子との交際をすすめていたが、治郎は露子の心の秘密にふれて、やさしくなぐさめた。露子は治郎の男らしい態度に深く心をうたれた。かつて篠沢は民子と相思相愛であったが両親の反対を受けて結婚出来なかったのだ。そして篠沢の夫婦仲はうまくいってなかった。露子は母の過去を聞いても、母の不貞を許すことができなかった。玉枝は民子の話をたてに、婚約破棄を申し入れた。露子は京都の芸妓で友人の郁代、花江に相談し、奈良にいる親友紀代子のもとへ逃れた。親子二人の淡々とした生活、古都に住む人々の静かだが悟りきった風情に、露子の心は洗われた。そして、露子を心配して訪ねて来た民子は、自分が女を捨てて、母として生きることをきめて、和解した。晩春の午さがり、杉山邸の座敷では、結納返しに来た狭山夫妻の笑声の中、露子と治郎は希望にみちた将来を語った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1966年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 90
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する