閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「薔薇合戦」(1950)

73点73
成瀬巳喜男監督が、東宝争議のなかで設立された独立プロ“映画芸術協会“から松竹へ出向して撮った作品。丹羽文雄の小説を原作に、ライバル同士の化粧品会社の競争に巻き込まれた美しい三姉妹の運命を描く。背景にどす黒い企業戦争がある点など、成瀬向きの題材とは言いがたいが、三宅邦子ら3女優の美しさは絶品。

あらすじ

百合化粧品会社の幹部社員であった里見剛三は百合の美容師取締をしている妻の真砂と計って会社乗取りの陰謀を企むが、病気となり、更に背任横領の事実を掴まれた。この間の事情を知った営業部長茂木は真砂の妹で、百合化粧のタイピストをしている雛子をそれを種に脅迫し、その貞操を奪った。雛子は身を犠牲にして姉夫婦を救ったつもりが、結局何もならず、剛三夫妻は解雇され、剛三は病気が悪化し死んでしまった。百合へ報復を誓った真砂が、老実業家笠原をパトロンにして、ニゲラ化粧を創設して百合化粧の目ぼしい社員や美容師を引き抜いてしまった。その上東関映画の若手で腕利きの宣伝部員園池とその部下の尾関を招聘した。真砂の末妹千鈴は、映画雑誌の婦人記者をして、一人でアパート住いをしているが、実は試験結婚と称して雑誌記者の江島と同棲しているのだった。真砂は雛子と茂木の関係を知って、社員の日夏と無理に結婚させてしまった。園池はそんな雛子を気の毒に思い、雛子も園池の好意を嬉しく思っていた。そうした二人の間柄を嫉妬した日夏は、ある日雛子を風呂に入れ、風呂場に鍵をかけて蒸し殺そうとした。雛子は、日夏から逃げて姉の所へ帰って来た。千鈴も、同棲していた江島に妻子のあったことを知って、戦後的な彼女もさすがに傷ついた心を抱いて真砂の許へ帰って来た。その頃、化粧品の氾濫から、ニゲラも次第に営業不振に陥っていた。その上有能な会計主任は他に引き抜かれ、日夏は商品を横流ししていたことが発覚するなど、悪いことが続き、さすがの強気で聡明な真砂も生活に疲れ、若いつばめと噂のある美貌社員の小島にだけ頼るようになっていた。そんな事から、窮地を逃れるために計画した愛用者大会のための出資も笠原に断られた。しかもそのプランは、雛子と園池の間を嫉妬した千鈴によって、百合化粧の茂木に売られ、百合化粧に先手を打たれてしまった。しかし、弱かった雛子は返って園池に力付けられ日夏と正式に離婚する決心をして日夏の行っている北海道へ旅立って行った。残った真砂と千鈴は戦いに敗れたが店を小さくして自分たちも再出発しようと誓い合った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1950年
製作国 日本
配給 映画芸術協会=松竹京都
上映時間 98
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する