閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「反逆の報酬」(1973)

0点--
日活がロマン・ポルノに転向し、ほとんど出番のなかった澤田幸弘が初めて他社で監督したアクション大作。欲と復讐にかられた二人の男が、巨大な麻薬組織に挑戦し見事に壊滅させるまでをムード・アクション調で描く。石原裕次郎と渡哲也の久々の顔合わせが見ものである。

あらすじ

村木駿は元新聞記者で今では世界を股にかけての恐喝専門のキャメラマンである。村木はベトナムの戦場で、黒人兵ジョーが戦死する時に、鍵とペンダントを預かった。東京へ帰った村木は、遺言通り、六本木のマンションを訪ねた。マンションには虚無感を漂わせた美貌の女、上村秋子がいた。二人は一晩共に過しながらも互いに牽制しあってそれぞれの秘密を明かそうとはしなかった。翌日、自分の部屋に戻った村木は、部屋の隠しカメラから、二人の男が侵入したのを知った。村木は秋子の身辺を洗い、今を時めく桜井産業が何かからんでいることの捜り出しに成功した。その帰り道、村木は以前から彼を尾行していた沖田に呼びとめられ、この事件から手を引くように言われ、殴り倒された。村木は桜井の秘書・菊川を脅し、桜井は実は裏では麻薬組織のボスである事を白状させた。その時桜井の追っ手が来た。村木は逃げ出し、秋子のマンションにかけ込んだ。そこで秋子は村木に意外な事を言った。秋子と沖田は異父兄妹であり、沖田は二年前、桜井に崖から突き落されて死んだ筈だ、というのである。やがて、沖田と秋子は再会した。沖田は桜井に復讐すべく、桜井の身辺を調査していたのだ。秋子の仲介で村木と沖田は手を握った。やがて麻薬が運ばれて来たという情報が入り、その麻薬の奪取に成功した二人だったが、秋子が桜井たちに捕われた。そして虚々実々の双方の取りひきの最中に秋子が殺されてしまった……。今や執念の鬼となった村木と沖田は、麻薬を餌に桜井を二年前、沖田が桜井に突き落された崖に誘い出し、桜井の車へ拳銃を発射した。車は海へと落下していった……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1973年
製作国 日本
配給 東宝=石原プロ
上映時間 86
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する