閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「銭形平次捕物控・幽霊大名」(1954)

60点60
市川雷蔵のデビュー第2作で、彼は善悪二役を演じている。辻斬りや娼婦誘拐事件が発生。平次が調べてみると、三万八千石の大名・金森頼錦の邸内が怪しいとわかる。金森家当主・万之助は病床に臥していて、その双子の弟・千之助が、悪業を重ねていた……。中村玉緒の大映映画デビュー作でもある。

あらすじ

銭形平次が初めて大名屋敷に手をつけた。辻斬りや婦女誘拐の元兇が三万八千石の大名金森頼錦の邸内に居るらしく、頼錦と瓜二つの幽霊が現われ、領民は悪政に苦しんで直訴を企てている事を知る。金森家では悪評を打消すため家宝の茶入れを将軍に献上しようとする。平次が手をつけると忽ちお静がさらわれた。探索を続けるうち、平次は黒頭巾の女に招き入れられる。女はお静の友達お村だった。彼女も金森家の人身御供にあげられ、今は村岡と名乗っていた。金森家の当主万之助は目が悪く病床にあったが、彼と双生児で若い時他家に養子となった千之助が瓜二つなのを幸い、悪僧曇海等と計って当主になりすまし、悪業の限りを尽していることが分る。献上の茶入は秘密の場所を書いた謎の書付だけで、金森家の両派がそれを探していた。平次は忠臣稲垣とその娘百合に助けられ、また悔悟した村岡の助力を得て、捕われたお静らを救い出すと共に茶入れを見つけて万之助に渡す。かくして千之助一派の悪事は破れ万之助の病気も全治に近く、金森家には再び明るい日が訪れた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1954年
製作国 日本
配給 大映京都
上映時間 90
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する