閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「銭形平次捕物控・からくり屋敷」(1953)

0点--
おなじみ長谷川一夫の平次と花菱アチャコの初代八五郎が、怪しげな新宗教の教祖のまわりで起きる殺人事件を解決する。悪党に踊らされて、教祖にまつりあげられていたお琴を、平次が幼なじみだったことから、事件の解決後に叔父の住む故郷へ帰してやる、という人情的なオチがきいている。

あらすじ

江戸に新宗教紫教がおこり、足の不自由や盲目を治す一方、金を供えて信心すれば倍になって帰るという大評判。教祖の琴女は素晴しい美女で、別当の赤井主人が万事を指揮して、豪壮な邸宅に大勢の信者を集めていた。平次の子分八五郎は釣に出て紫教の首飾りを持った女の屍体を発見し、更に知人の芳という男が紫教に凝って主家の金を使いこんで自殺しているのを見た。三輪の万七は今度こそ平次の鼻をあかそうと紫御殿へ乗りこんだが、却って子分半太郎が行方不明となり、平次に助けを求めて来た。そこで八五郎は御殿へ忍びこみ、井筒屋が一万両の金を供えて無一文となり、別当の赤井は大奥女中三笠の局をたらしこんでいる現物を見たが、ついに発見されて幽閉された。赤井は琴女を駿河大納言の遺子としてお家再興を願出で、老中阿部が証拠の品を調べると、確に本物であった。所が琴女は平次の幼馴染で、大納言の落し種には違いないが、赤井は天草の残党と結んで江戸城焼討の陰謀を企んでいると平次に告げる。平次の活躍によって一味は捕われ、三笠の局は自殺し、赤井は命を失った。狂信者たちは紫教の正体をはじめてしり、迷夢四散してそれぞれの家業へかえっていった。騒ぎが治まつてから、平次は琴女を昔のお琴として、叔父の住む田舎へこっそり帰してやった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1953年
製作国 日本
配給 大映京都
上映時間 86
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する