閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「大感傷仮面」(1992)

0点--
『ネ暗トピア』『ぼのぼの』などで知られるギャグ漫画家、いがらしみきおが自費で製作した16ミリの自主映画。泣くと突如として仮面のヒーローに変身してしまう、改造人間・田所の奇妙な生活ぶりを描く。青春映画、歌謡ドラマ、ヤクザ映画などの語り口を混ぜ合わせた、ちょっとヘンな小品。

あらすじ

泣くことによって大感傷仮面に変身する改造人間・田所は、かつて所属していた暴力団組織の会長の向坂から、対立組織ブラックシャドーの会長・広谷が開発したバイオ兵器を、女子従業員・石井恣意子をたぶらかす事によって奪取するという仕事の依頼を受ける。田所は計画に成功するが、使い捨てにするはずだった恣意子に惚れてしまった。恣意子の方は田所の裏切りに激怒し、バイオ兵器とともに行方をくらました。だがお互いのことが忘れられない2人は、ある時再会し、ともに連れ立って逃避行を図る。ブラックシャドーからの追っ手・新造の追及も逃れるが、その頃から恣意子の言動が異常になり、ある日彼女はベッドの上で巨大なサナギに変身した。恣意子こそが本当のバイオ兵器だったのだ。サナギから怪人が生まれ、田所は無念の思いで変身してその怪人を倒す。こうして田所は、その時の事を思い出せばいつでも泣けて大感傷仮面に変身できる、無敵のヒーローとなった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1992年
製作国 日本
配給 アイ・エム・オー
上映時間 65
カテゴリ SF
チケット 前売りチケットを購入する