閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「洗礼」(1996)

0点--
恐怖漫画の第一人者として名高い巨匠、楳図かずお原作の同名コミックを映像化したホラー映画。スター女優の若草いずみは得体の知れない皮膚病に冒され、醜い顔になり世間から身を隠す。それから10数年後、いずみは13歳になる娘さくらとひっそりと郊外の洋館で暮らしていた。娘を溺愛しているかのように見えたが、いずみはひそかに脳移植手術により娘の体を奪おうと企んでいた。逃げ惑うさくらを押さえ付け、手術により再生したいずみは、さくらのピアノ教師を誘惑するが……。

あらすじ

美貌の女優・若草いずみには顔に醜い痣があるという秘密があった。痣を化粧で隠しきれなくなったいずみは引退を決意し、忽然とその姿を消した。それから10数年後、いずみは主治医・メレディスの用意してくれた洋館で、13歳になる娘・さくらとふたりきりで暮らしていた。いずみのさくらへの愛は異常とも言えるほどで、さくらは次第に恐怖の念を抱くようになった。さくらはある日、美しい顔と体を取り戻して人生をやり直そうと考えたいずみが、さくらの体に自分の脳みそを移植しようとしていることを知る。さくらの抵抗も空しく、メレディスの開発した装置によって移植手術は行われ、さくらの体に入ったいずみは自分の亡骸を隠すと、何食わぬ顔でさくらを装い始めた。しかし、若草家の財産管理をしていた谷川が財産の横領を計画しているのを知ったいずみは、その肉体を駆使して谷川を自分の側に引き入れようとしたが、反対に精神病院へ入れられ財産を奪われる。いずみは病院を抜け出すと、再びその顔に現れ始めた痣の恐怖から逃れるため、谷川の妻へ自分の脳みそを移植しようとした。すんでのところで移植が阻止された瞬間、装置が忽然といずみの前から消えた。全ては異常なまでの美への執着心から、メレディスという男や脳移植装置を頭の中で生み出したいずみの妄想が起こした事件だったのだ。そんな母親を愛したさくらも次第にその妄想に取り込まれていたのである。いずみは病院で正気を取り戻したが、さくらはいつまでもいずみのままだった。谷川は財産横領の罪を償いながら、彼女の正気を取り戻してやることを誓った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1996年
製作国 日本
配給 東北新社=バップ=ビデオチャンプ
上映時間 93
カテゴリ ホラー
チケット 前売りチケットを購入する