閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「空かける花嫁」(1959)

70点70
原作は藤沢桓夫の『花粉』という小説でこれを笠原良三が脚色、番匠義彰が演出にあたる大船調下町喜劇。東京下町の繊維問屋の主人・七兵衛と孫娘の女子大生・まるめが繰り広げる、それぞれの惚れたりフラれたりのラブ・ロマンス。

あらすじ

女子大生まるめは下町の繊維問屋七宮商店の七兵衛の孫娘だ。ケチな祖父も彼女にだけは目がない。祖父は息子の吉太郎・さよ子夫妻をおさえつけ、店のこと一切をとりしきっている。まるめは内証でフランス留学生試験を受け、合格した。祖父には三年間の留学費用四百万円はショックだった。可愛い孫を海外へ手離すことよりも。まるめには祖父の強欲ぶりや、店の制度を改めさせる意図があった。それが出来ればフランス行きを止めてもいい。七兵街の方ではまるめの引き留め策をはかっていた。まるめが学友の和枝と住むアパートの隣室に、浅草の軽演劇の作家・秋山がいた。まるめの送別会のとき、七兵衛は彼と孫娘が好き合っているらしいのを見抜いた。七兵衛は秋山にまるめに惚れこんだふりをし、引留めに成功したら礼金をあげると申し込んだ。秋山にはまるめとつき合うのは悪くなかった。まるめは秋山のために思い止まるつもりになる。−−七兵衛は浅草のうなぎ屋の女将おそのが好きだった。まるめと和枝は祖父の老いらくの恋を成功させようと、和枝の勤める銀座のバーでデイトする機会をつくってやった。そのバーのアルバイト学生のバーテン・高野は和枝の恋人だ。デイトは成功し、七兵衛は痛飲した。まるめの先生、大学助教授本間が彼女を追い廻し、浅草の踊り子椿が役を得ようと秋山につきまとい、二人の仲がうまくいかない。さらに、秋山と七兵衛の契約がまるみにバレ、まるめは怒った。七兵衛にフランス行きを宣言した。秋山はフラれた。本当に愛していたのに。彼は田舎へ引きあげた。−−七兵衛は譲歩し、店の改革をしたが、まるめはきかなかった。まるめのフラシス行きの当日、秋山が浅草に帰ってきたのが判った。和枝や店に傭われた高沢が駈け廻ったのだ。七兵衛は秋山が大阪で急病になり、まるめの名を呼んでいることにした。さすがのまるめもフランス行きを取り止め、大阪へ飛びたった。同じ機に秋山が七兵衛にすすめられて乗込んでいた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1959年
製作国 日本
配給 松竹大船
上映時間 75
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する