閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「俗物図鑑」(1982)

40点40
筒井康隆の同名小説を映画化したブラック・ユーモアに彩られた異色作。世の良識に反撃しようとする、奇妙な評論家集団、梁山泊プロダクションの面ーが、毒舌パフォーマンスを展開する。南伸坊、松田政男、石上三登志など、実際の評論家が評論家を演ずる疑態に似た演技が見もの。なかでも大林宣彦の自殺評論家の怪演が面白い。

あらすじ

古色蒼然たる二階建てモルタルアパートに「梁山泊プロダクション」はある。梁山泊プロは、接待評論家の雷門享介、贈答評論家の平松礼子、横領評論家の本橋浪夫、万引評論家の沼田峰子、火事評論家の杉沢亜香など、奇妙な分野の評論家の集団で、一般人の良識を逆撫でしながらテレビ、出版などで活躍している。ある日、享介、礼子、浪夫、峰子などが一室にいると、天井裏から一人の男が落ちてきた。城亀吉というその男は覗き見のあらゆる装備を持っており、その日から、出歯亀評論家として、そこへ所属することになった。さらに、全身皮膚病だらけの老人が現れ、みなは腰を抜かすほど驚くが、なんとか一室に隔離して、皮膚病評論家として登録された。数日後、午後のテレビショーで、峰子と反吐評論家の片桐が文芸評論家と論争していた。そして片桐は、持ち運ばれた反吐から、それを吐いた人を、スタジオの見物人から見つけだすというハナレワザを披露して、会場の主婦からヒンシュクを買っていた。文芸評論家はタジタジとなり、反吐の主であるマスコミ界の黒幕大屋壮海は、梁山泊の活動を励ますのだった。その頃、事務所には峰子が万引した八百万円のダイヤモンドの件で刑事が来ていた。その時、亜香が火を放ち、アパートはまたたく間に焼失してしまった。暫くして、財力を貯えた梁山泊プロは、中層の酒落れたビルを新築した。その頃には、性病評論家の華子、墜落評論家の羽根田俊也、自殺評論家の九十九八十八、パーティ評論家の西条圭一、麻薬評論家の平戸源五郎が参加し、梁山泊プロはますます充実、主婦連、俗悪番組追放同盟、全国PTA協議会などからヤリ玉にあげられていた。ついに各団体がビルに乗り込んで来た。そこで、享介たちは三人の代表を人質にするとビルを閉鎖する。機動隊が動員され、各マスコミ、ヤジ馬が集まり、ビルの周囲は大変な騒ぎだ。三人の人質は麻薬に酔わされ、抑圧されていた意識が一気に爆発、裸になってワイセツな言葉をまきちらしている。評論家集団と機動隊の睨み合いは一週間ほど続き、ニュースを求めるマスコミ代表として壮海がやってくると、膠着状態を打破する事件を起して欲しいと申し出る。そこでメロメロになった人質を入口から解放し、テレビの晒しものにすることになった。機動隊の射撃が始まった。一人また一人と倒れいく評論家。脱出に成功した華子、礼子、峰子たちが遠くの丘から梁山泊のビルを見つめていた……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1982年
製作国 日本
配給 桂千穂=内藤誠
上映時間 85
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する