閉じるボタン

「ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー」(1988)

0点--
直木賞受賞作で8話の短編から成る山田詠美の同名小説から4つの恋を抜粋、一つの物語にして設定を現代の日本に置きかえた青春恋愛映画。クラスメイトに惚れながら、紹介されたヤングミセスと深い仲になる高校生・良介は出口のない青春を謳歌する。

あらすじ

市立高校に通う良介はモトクロスやラグビーで汗を流すかたわら、夜は原宿や六本木のディスコで遊んでいた。仲間はジョージや幼馴染みの邦枝、先輩の一郎とその恋人・笑子ら。あるパーティで有田由美に一目惚れしたが、夏休みに入ってからは美しい人妻のミセスA子と付き合いを始めた。良介の姉・加代子はモトクロスライダーの羽山五郎に熱を上げていた。良介は楽しい夏休みを送っていたがA子から別れを告げられ、モトクロスレースは惨敗。また、一郎が事故死してしまう。良介はすべてを忘れるためにジャパンモトクロスレースに挑戦。羽山のコーチもあって天才ライダー川崎智之を破って優勝。由美との新しい恋に燃えるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1988年
製作国 日本
配給 プロモーティヴEye21
上映時間 99
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する