閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「修羅場の人間学」(1993)

0点--
昭和28年、ヤクザの格好良さに憧れて極道の世界に足を踏み入れた青年、平吉は失敗を重ねながらも、持ち前の明るさで難局を乗り切っていく。だが、組の殺しの泥を被ったことから彼は恋人を連れて警察から逃げ回るハメになり……。高嶋政伸の軽妙な演技も見ものの、コミカルなヤクザ映画。

あらすじ

昭和二八年の渋谷。米屋のバイトをしている元テンプラ学生の朝田平吉は、クラブの前で始まった安藤組の森島たちと米兵のケンカに興奮して森島に加勢するが、逆にボコボコにされてしまう。ホステスの純子に介抱された平吉は森島にに意気込みを買われ安藤組で働くことに。新聞記者となった旧友・山倉に忠告されるが彼は聞く耳を持たず、一本気な気質で組での地位も上がり、純子との恋も順調に進むが、組長の安藤昇には『少しは先を見ろよ』と諭される。平吉はある日対立する組の新人女優に手を出し袋叩きにあい、拉致されるが、単身乗り込んだ森島に救われる。また、出所した幹部の花形と森島に確執が起こり、花形の度重なる暴挙に平吉は反感を抱き彼に向かい発砲してしまう。花形は一命を取り留め、安藤が仲裁に入って事は収まった。時代は高度成長期に入る。借金の取り立てを頼まれた安藤は相手の実業家・村木との間のイザコザにより銃撃事件を起こすが、指名手配されたのは平吉だった。そんな事とは知らず、平吉は上京してきた母を安心させるため、純子と婚約していると芝居を打っていた。安藤に呼び出された平吉と純子は、犯人になりすまして二人で逃げるよう命じられ、平吉は安藤のためと張り切るが、山倉の密告により警察に捕まってしまう。尋問に対しても頑として応じない平吉だったが、安藤が捕まって釈放となる。警察署の入り口ですれ違う安藤を畏敬の念で見つめる平吉。数年後、彼は足を洗い純子と二人で喫茶店を経営するのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1993年
製作国 日本
配給 東映=東北新社=東映ビデオ
上映時間 109
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する