閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「童貞先生行状記」(1957)

0点--
新米教師の野々宮は小諸の聖心女学院に赴任することに。小諸の駅では女学院を温泉場にしようと計画する町のボスが、東京から来る大学教授のもう一人の野々宮を待っていた。女学院の野々宮は、大学教授の野々宮と間違えられ料亭に連れて行かれ、大歓迎を受けるが……。春原政久お得意の喜劇。

あらすじ

江戸ッ子気質の新米教師野々宮普輔は、信州小諸の聖心女学院に赴任することになった。その夜汽車の中で、恋人同士の高村と葉山ユリや、普輔を“童貞先生”と名付けた鈴代、喧嘩を売られた権藤組の辰公を知った。小諸の駅頭では聖心女学院を温泉場にしようと計画する町のボスたちが、東京から来る大学教授の野々宮氏を待っていた。ところが普輔はその人と間違えられ、料亭に連れて行かれ大歓迎、芸者になって現れた鈴代にまたびっくりし、温泉場の一件を知ってしまった。普輔は登校第一日、音楽教師霧川冴子とスクーターの相乗りで学校に乗りつけ、校庭では大騒ぎ。山猿先生の機転で騒ぎはおさまり、気絶した普輔は校医の村田由起子の看護で息をふきかえした。たちまち普輔は校内の人気者になった。ある日、普輔たちはピクニックに出かけ、そこでユリと高村が結婚していることを知り、普輔も冴子と仲良しになった。学校の身体検査の日、検査をこばんだユリは妊娠していることがわかった。そして普輔はその相手と疑われ、町のボスは学校に責任を追求して来た。普輔はユリをかばい、持前の義侠心から学校に辞表をたたきつけた。しかしボスたちが着々と計画をすすめるのをみて遂に立ちあがった普輔は、ユリと高村の結婚証明を持って、理事会に乗りこんだ。今は普輔のファンの辰公の応援もあり、普輔の江戸ッ子弁でボスたちの計画をすっぱぬいた。晴れた空に花火が威勢よく上がり、大運動会が開かれた。普輔と山猿の駈けくらべの後から、冴子の「野々宮さんしっかりー」という黄色い声が澄みきった空に響いた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1957年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 88
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する