閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「母御殿」(1954)

100点100
1950年代に量産された三益愛子の“母もの“の1本。原田甲斐を首格とする“伊達騒動“を題材に、藩の実権を奪い取ろうとする甲斐の手から、幼い藩主・鶴千代を守り通す女性・政岡の活躍を描いている。ラストに鶴千代の身代わりになって、政岡の息子が毒殺されるシーンが涙を誘う。ビデオ発売時タイトルは「伊達騒動 母御殿」。

あらすじ

奥州の大藩伊達家の当主鶴千代が未だ幼いのに乗じた一門の伊達市正は、鶴千代を追って自ら伊達家の当主たらんとする野望を抱いて居り、また江戸家老原田甲斐は彼等を操って事実上の実権を掌中に握る魂胆を蔵していた。そのため鶴千代の身辺は危うかったが、家老伊達安芸や忠臣松前鉄之助、腰元萩野らの働きによって事を未然に防いでいた。だが事態は更に切迫し、鶴千代の身辺を守るために、国許に退いていた政岡を呼び寄せることになった。夫の死後、一子千松の成長を楽しみに、寺小屋を開いて、平和に暮していた政岡だが、忠誠の心から江戸へ行くことになった。その道中、原田甲斐は政岡に闇討をかけたが、同行の鉄之助の奮戦と安芸の騎馬隊の救援で目的は果されなかった。政岡の到着に、鶴千代はうれし涙にむせんだ。しかし甲斐は鶴千代の毒殺を企み、膳番汐沢丹三郎に毒を盛った膳を運ばせた。政岡に見破られ、丹三郎は自ら毒の汁を飲んで死んで行った。そのために、丹三郎の姉である萩野をも、心ならずも政岡は追放しなければならなくなった。斯うして鶴千代の命を狙う者は跳梁し、その度毎に政岡は懸命にそれを守っていた。その頃、政岡の国許の百姓たちが新米を持って上京した際、千松も母を慕って一緒にやって来た。折柄、甲斐は最後の手段として、将軍家よりの使いと偽って、老女栄御前を上使に仕立て、将軍より賜ったと称する菓子を持ってきた。政岡が途方に暮れているとき、千松が敢えてそれを食べ、案の定直ぐに苦しみ出した。斯くて千松は鶴千代の身代りとなって死んだのである。悪事露顕となった甲斐一味は滅び、政岡は忠誠を果して、亡き子千松の面影を抱いて、再び国許へと戻って行くのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1954年
製作国 日本
配給 大映京都
上映時間 91
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する