閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「丹下左膳 怒涛篇」(1959)

60点60
今回は財宝のありかを秘めた金竜の香炉をめぐって、激しい争奪戦が展開。いさかいに巻き込まれた左膳の活躍を描く。

あらすじ

その昔、大海賊張鬼竜が隠した財宝のありかを示す金竜・銀竜の香炉のうちの一つ、金竜がそれを知らぬ将軍の手から柳生家に下しおかれた。大岡越前守と、その与力で、越前の娘弥生に心をよせられる伊吹大作は、隠密愚楽老人の報せによりこれを知り、鼓の与吉を使って香炉の奪取を計った。計画は成功したが、豊臣残党鈴川源十郎や、長崎屋重兵衛の一味に、与吉は襲撃された。逃れた与吉は丹下左膳や櫛巻お藤の住むとんがり長屋にとびこみ、左膳の可愛がるチョビ安に香炉をあずけた。同じ長屋に住む蒲生泰軒は、親友越前守と協力し、大作を鳶職に仕立てて長屋に入れ、香炉を狙う一味を探ることにした。長屋の孝行娘お艶を悪女衒の手から救った大作は、彼女に心ひかれた。香炉に百両の価値があると聞いた左膳は、長屋の人々のためにこれを金にかえようとしたが、怪しい一味の者にチョビ安とお藤をさらわれ、香炉まで失った。悲歎にくれる左膳と泰軒を見て、大作は作業員に化けて、怪しい一味の本拠をつきとめた。そして、金竜と、彼らのもっていた銀竜を合せて、財宝さがしに出る前に、チョビ安、お藤を血祭にあげようとしている一味の前に単身とび出した。たちまち白刃の嵐がまきおこる。そして大作が危うくなった時、左膳がかけつけた。左膳の愛刀濡れ燕が悪人一味を相手にあれ狂った。捕方と長屋の人々をつれて、かけつけてきた越前守の到着で、事件は総て落着した。翌日、二つの香炉をもって平伏する越前守ほか一同に、将軍は、泰平の世に悪の根元となる宝は要らぬといい、総てを泰軒に一任した。お艶と結ばれた大作をあとに、左膳、泰軒をはじめとする長屋の人々は、財宝を求めて船の旅に出た。風を一ぱいに帆にうけて、竜神丸は一同の喜びと希望をのせて、大海原に波頭をけたてて出発する。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1959年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 81
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する