閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「旅の長脇差 花笠椿」(1960)

0点--
それまで松竹で活躍してきた高田浩吉が東映に入社しての第1回出演作品。暴漢に襲われた伊丹屋万兵衛の息子を救った浪人の椿平九郎。その伊丹屋は長五郎の強要によって娘・美津江を旗本、日下部家の進之丞と見合いさせることに。そして付き添いを請われた平九郎は見合いの場で進之丞の父を斬ってしまう。

あらすじ

伊丹屋万兵衛の跡とり息子・新太郎と手代の音吉は、数人の暴漢に襲われたが、浪人・椿平九郎に救われた。伊丹屋は酒問屋で、暖簾を誇る江戸一の豪商だ。万兵衛のもてなしをうけての帰り、平九郎は料亭で、音吉が旗本納戸役日下部作十郎の用人遠山半左衛門と密談しているのを見た。伊丹屋に、ボスの堀留の長五郎が訪ねてきて、万兵衛の娘美津江と日下部の息子進之丞との縁談を強要した。進之丞は評判の馬鹿息子だ。この縁談の裏には、長五郎と、万兵衛の後妻おみれの伊丹屋のっとりの策謀があったのだ。進之丞と美津江の見合いが行われた。平九郎は万兵衛の代理として美津江に同行、作十郎一味と立廼りを演じた。作十郎を斬ってしまった平九郎は、やくざ姿に身を変えて江戸を逃れた。長五郎はこれを幸いと万兵衛を殺し、伊丹屋をのっとった。伊丹屋には「堀留」の大看板がかけられた。今日がその店開き、江戸中の顔役を迎えて長五郎は得意だ。その時、長五郎の前に立ちはだかった男があった。平九郎だ。大立廼り。平九郎の助太刀で、美津江と新太郎の兄弟は親の仇を計った。南町奉行は、仇討ちをたたえ、やくざ姿の平九郎を旗本殺しの犯人椿平九郎でないと許した。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 84
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する