閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「ベスト・オブ・ザ・ベスト」(1989)

0点--
ソウルでアメリカ対韓国の空手の試合が行われることになる。その選考会を勝ち抜いた5人の選手は、コーチのクゾーのもとで3ヵ月の合宿生活を送ることになる。5歳の息子を持つアレックス、15年前に空手の大会で兄を失ったトミーをはじめ、個性的な5人の選手はクゾーの厳しい訓練に耐えながら、チームワークを築き上げていく。大会当日。韓国選手の中にはトミーの兄を強烈な打撃で死に追いやったダエ・ハンの名もあった。果たしてトミーは宿敵を倒せるのか、そしてアメリカ・チームは勝利できるのか……。迫力ある試合シーンとともに、スポーツマン・シップの大切さを描いた格闘アクション。続編に「帝王伝説」(1993)がある。

あらすじ

韓国との空手試合に臨むため全米から選抜されたアレックス・グレイデイ(エリック・ロバーツ)、トミー・リー(フィリップ・リー)ら5人の選手はコーチのクゾー(ジェームズ・アール・ジョーンズ)の指揮の下、3カ月の厳しい訓練に臨む。そんな時、アレックスの息子が交通事故に遭い、外出禁止を破って合宿所を抜け出した彼が復帰することをコーチは認めようとしなかった。一方、トミーも韓国チームの中に兄を死に追いやったダエ・ハン(サイモン・リー)の名を見い出し、やる気を失い姿を消してしまう。残った3人は2人を復帰させるようコーチに嘆願し、戻ってきたアレックスとトミーを加えた5人はいよいよソウルでの試合に挑む。最初韓国側がリードするが、アレックスの死にもの狂いの勝利で追いつき、ついにトミーとダエ・ハンの決戦となる。激闘の末、トミーの必殺技が炸裂、見事アメリカチームは勝利を収めた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1989年
製作国
上映時間 97
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する