閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「マダム・スザーツカ」(1988)

0点--
ロンドンを舞台に、才能あるインド人少年を立派なピアニストに育てあげようと、全情熱を傾けて指導する老ピアノ教師マダム・スザーツカの姿を、名匠J・シュレシンジャーが丹念に描き出す。S・マクレーンはこの作品のために体重を12キロも増やしたといわれている。

あらすじ

ロンドンで教室を開いている老ピアノ教師マダム・スザーツカ(シャーリー・マクレーン)は、特別に才能があると認められた者だけにレッスンを施すことで有名だった。そんな彼女が今度目をかけたのは、両親の離婚後母親シュシナ(シャバーナー・アーズミー)の女手一つで育てられ、有名ピアニストになることに多大な期待を寄せられている14才のインド人少年マネク(ナヴィーン・チャウドリー)であった。しかしスザーツカはシュシナに、コンサートの事ではなく、彼の才能をのばすための教育−−即ち良い演奏として反映されるマナーや教養、そして生き方を教えるのだと語る。スザーツカのアパートは古風な建物で、大家のエミリー(ペギー・アシュクロフト)や整体医コードル(ジェフリー・ベイルドン)、歌手志望のジェニー(ツイッギー)たちが、つつましくも肩寄せあって楽しく暮らしていたが、最近地上げ屋がひんばんに姿をみせるようになっていた。やがてマネクをめぐって、スザーツカとシュシナとの間に激しい対立が生まれる。そしてその隙に彼に近づく音楽エージェントのロニー(リー・ローソン)。彼はかつてスザーツカの最愛の弟子エドワード(サム・ハワード)を奪っていった人物であった。そんなある日、シュシナが失職してしまい、経済的に行きづまったマネクは、ロニーの勧めるクラシック・コンサート出演を余儀なくされる。そしてそれはスザーツカとマネクの訣別を意味するものだった。やがてエミリーがアパートを後にし、次いでコードルも立ちのいていった。時の流れの中でコンサート会場に姿をみせたスザーツカは、演奏中微妙なタッチのミスを犯したマネクを再び弟子に迎えようとするが、彼はロニーの勧めるピアノ教師レオ・ミレフ(ロバート・リーティー)の弟子になる決意を抱いていた。アパートの窓から立ち去るマネクの待ち姿を見つめるスザーツカ。その瞬間彼女の目に映るのは、彼女の次なる弟子を引きつれてアパートにやってくるエドワードの姿だった。そしていつしかスザーツカの心には、新たな生きる決意と勇気が漲ってくる……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1988年
製作国
上映時間 121
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する