閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ふり袖太平記」(1956)

【DVD発売中】

0点--
名家・里見家の流れをくむ旗本・菅谷家の一人娘・小浪のひばり屋敷で突如お家騒動が勃発した。その背後には菅谷家を狙う悪徳家老の陰謀があった……。美空ひばりが美声を聞かせ、大川橋蔵が颯爽と剣をふるう娯楽時代劇。

あらすじ

安房の館山、名家里見家の血筋菅谷織部正は六千石の大身で江戸定勤の旗本。唄の巧い一人娘小浪は乳兄妹の屋敷番、露木新太郎と大の仲好し。だが彼女の母は家老飛弾守の奸計で離別され、飛弾の妹、側室繁野が正室となっている。飛弾は繁野の娘小百合を立て、菅谷家乗取りを計る。手始めに盗賊の次郎吉を利用し江戸城の書物庫から里見家改易次第書を盗ませ、失脚を企む。加えて次第書から、里見家血筋の嫡女に伝わる十万両の謎を秘めた手鏡の所在を知り、探索に乗り出す。だが、一足先に十万両を一人占めにと考え、安房へ向う次郎吉。一方、内命で安房に赴く老中田沼の隠密小市郎は途中、飛弾の密偵、女賊のおえんと知り合う。問題の鏡は祖母さよから小浪に譲られていた。次郎吉は菅谷家に侵入したが新太郎の出現で失敗、毒害の手段に出る。ために小浪は祖母殺しの冤罪で、新太郎に書置きと鏡を残し出奔。後を追う新太郎は男装の小浪に逢い、頼みにする保品の代官大村の許へ旅を続けるが、とある宿で捕方に囲まれる。彼は血路を開いて小浪を逃すが、そこに現われた飛弾の短銃で激流に転落。だが小浪が辿り着いた代官屋敷は飛弾に占拠されていた。この頃、新太郎が敵の裏をかいて乳母に預けた鏡は、めぐりめぐっておえんの手に。彼女をかばう小市郎と飛弾一味の乱闘にまぎれて鏡を奪った次郎吉は代官所裏山の多宝塔で宝を発見。そこに死んだ筈の新太郎が現われ、捕われの小浪を救う。彼の正剣に一味は全滅。無実の罪も晴れた織部正の祝福を受け、小浪と新太郎はここに目出たく結ばれたのである。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1956年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 87
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する