閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「DOOR」(1988)

0点--
セールスマンを冷たく追い返してしまった美しい人妻が、その男に執拗なまでにつきまとわれ、やがて恐ろしい一夜を体験するというサスペンス・スリラー。撮影中は“別居“して仕事に打ち込んだという監督・高橋伴明、主演・高橋恵子夫妻による力作。

あらすじ

主婦・靖子は、夫の悟、息子の拓人と3人で、都会の高層マンションに住んでいた。いたずら電話やセールスマンの勧誘に神経質になっていた靖子はある日ドアチェーンの間から強引にパンフレットを入れようとしたセールスマンの指をはさんでしまう。指をつぶされた男は「奥さん、ひどいですよ」と言って去った。しかし、翌日からドアに卑猥な文字を書かれたりするなどいたずらが相次いだ。嫌がらせの電話も盛んにかかるが、本当にあのセールスマンなのかは靖子にもわからない。拓人にもしものことがあってはと外出しないように注意したが、遊びざかりの拓人は家を飛び出して行った。そのとき靖子はうっかり鍵をかけずに拓人を追ってしまったが、家ではセールスマンが待っていた。男は包丁を持ち出し、指をつぶされたことをネタに靖子をいたぶる。靖子は体をまさぐられながらもなす術がない。そこへ拓人が戻って来た。靖子は男に客のふりをしてくれと頼み、奇妙な夕食が始まった。靖子はスキを見てビール瓶で男の頭を殴った。やらなければ殺されると悟った靖子は拓人と共に家のあらゆる物を武器にして戦った。やがて靖子のバーベキュー・フォークが男の腹に刺さり、最後はチェーン・ソーで止めをさした。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1988年
製作国 日本
配給 ジョイパックフィルム
上映時間 95
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する