閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「矢沢永吉 RUN&RUN」(1980)

75点75
キャロル解散後、ソロ・デビューしたロック・ミュージシャン、永ちゃんこと矢沢永吉の姿を捉えた貴重なロック・ドキュメンタリー。1979年の名古屋球場での白熱のコンサートの模様をメインに、アメリカ・ロケでの永ちゃんの様子、オフ・タイムに自宅でくつろぐショットなどで構成されている。当時のYAZAWAの心境とメッセージが詰まったファン必見の一本。

あらすじ

<収録曲目> バイ・バイ・サンキューガール/ずっこけ娘/馬鹿もほどほどに/古いラブレター/苦い涙/ガラスの街/世話がやけるぜ/I say good bye so good bye/Mr.T/アップタイト/トラベリン・バス/過ぎてゆくすべてに/チャイナタウン/ワンナイトショー/黒く塗りつぶせ/天使たちの場所/鎖を引きちぎれ/長い旅/ルイジアナ/時間よ止まれ/Run & Run 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1980年
製作国 日本
配給 富士映画
上映時間 98
カテゴリ ドキュメント
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト