閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「バツ&テリー」(1987)

0点--
横浜・海峰高校野球部の一年生バッテリー、バツこと抜刀軍とテリーこと一文字輝は、超高校級のスラッガーであるにもかかわらず、ケンカ大好きのナンパ・コンビ。二人はバイク事故で恋人を失った少女・アンと知り合うが、彼女はなかなか打ち解けない。やがてバツとテリーに恨みを持つ辰夫がアンをさらい、不良たちとの激闘の末に救い出した二人は、甲子園予選大会の決勝大会に傷らけの体で駆けつけるのだった……。痛快青春マンガを奔放なタッチでアニメ化した劇場用オリジナル作品。主人公二人の軽い性格を生かして全編を押し切り、そのノリに加えて(原作と同じ出版社の雑誌から)猫のマイケルやその他の人気キャラクター、ついでに原作者自身も登場するなど遊びもたっぷり。ただしそのはしゃぎっぷりに、作画が追いついていないところも……。アニメ声優初挑戦の有森也実が、アンの声を演じている。

あらすじ

バツとテリーは横浜の海峰高校野球部一年生。バツは投手、テリーは捕手として、ずばぬけた才能を持っているものの、高校球児のイメージとは程遠く、バイクを愛し、女の子と喧嘩が大好きで、青春を謳歌している。甲子園を目指す高校野球予選大会まっさかりの、ある夜、二人はバイク事故を目撃。翌日、その崖ぶちの道を通ると花束を供えている女の子がいた。彼女の名はアン。恋人をバイク事故で失ったのだ。バツとテリーはアンに一目惚れし、ちょっかいを出すが、彼女は相手にしない。恋人との想いが、彼女の心を支配していた。海峰とアンの星蘭高校の試合の日がくる。アンの恋人は星蘭の選手であった。恋人の追悼試合。結果バツとテリーの活躍で試合は終るが、アンの心は晴れない。そして、日頃からバツとテリーに恨みを持つ辰夫が手下と共に、アンをさらった。これでバツとテリーにしかえしが出来ると喜ぶ辰夫たち。しかし、バツとテリーのあばれっぷりで、アンは無事救出される。そして、心をひらいていくアン。翌日、昨夜の救出劇で、身体がボロボロになったバツとテリーは、なんとか、優勝を賭けた試合にのぞむ。二人をはげます、アンの声援。−−試合は海峰の勝利で無事終った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1987年
製作国 日本
配給 日本サンライズ
上映時間 80
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する