閉じるボタン

「幽霊男」(1954)

0点--
70年代の金田一耕助ブームは第2次横溝正史ブームといえた。それより以前の50年代に横溝第一次ブームがあり、映画化作品が頻繁に作られていた。そんな中で、現在では埋もれてしまっていて発掘された名作が本作である。幽霊男と自称する男がモデルクラブの女と会った夜、女は幽霊男の部屋で裸体で殺された。袴ではなく背広姿の金田一探偵は、このモデル連続殺人を追う。

あらすじ

吸血画家津村一彦が気狂病院から脱走した記事が新聞に出たころ、銀座裏のヌード・クラブに加納博士の紹介状を持った佐川幽霊男と名のる男が、油絵のモデルを頼みに来た。モデルの恵子が選ばれて行ったが、いつまでも帰らないので、居合せた連中が西荻窪のアトリエを探してみると、恵子は浴槽の中で殺されていた。翌日クラブに突如テープレコーダーの声が流れて来た。「第一幕が完了し二幕目に取りかかる」。その夜、美津子は幽霊男にさらわれ、全裸のまま白い繃帯で顔を包んだ彼にキャメラで撮影されたが、浩吉と当局の手で救い出された。その結果、浩吉の証言で幽霊男と津村とは別人であることが判った。数日後伊豆で行われた撮影会で、貞子が池の中で殺された。そこに突如現われた金田一は、一同を一室に集め、等々力警部と二人で厳重に調べた。そのとき同じホテル内でマリが殺され、更に数日後例のアトリエで美津子が殺される。金田一と等々力はその場で発見した加納を連行しようとしたが、不意に現われたベールの女に彼を攫われた。連続殺人に気をくさらした鮎子は建部の反対を押切り、ストリッパーに転向した。しかも彼女まで舞台の上で誰かに殺されてしまう。世間が騒然たるとき、例の隠れ家では、加納と黒いベールのマダム絹子が幽霊男のために縛られ、猿ぐつわをはめられていた。この男はマダム絹子を加納から奪って自分のものにするため、モデルを殺して加納に罪を被せようとしたのだ。マダムは彼のためドレスを被られ、危いところにカーテンのかげから金田一が颯爽と拳銃を片手に現れた。幽霊男は屋上にのがれたが、追いつめられ身を地上に投じて死んだ。白い繃帯に包まれたその顔は、加納や建部らと共にクラブの仲間であった実業家菊地陽介だった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1954年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 72
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する