閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ドラゴンボールZ 危険なふたり! 超戦士はねむれない」(1994)

53点53
“'94春東映アニメフェア“の一作として春休みに公開されたシリーズ第13弾。7つのドラゴンボールが共鳴して見事な奇跡が到来する、冒険アクション・アニメの快作。孫悟空亡きあと、孫悟飯と孫悟天が跡を継いでいた。彼らがドラゴンボールを探す旅に出てある村に到着したが、かつて悟空が倒した伝説の超サイヤ人が蘇り、彼らに襲いかかる。DVDは『DRAGON BOX THE MOVIES』に収録。

あらすじ

神龍を一目見ようとドラゴンボールを探す旅に出た悟天、トランクス、ビーデルの3人は、ナタデ村にたどり着いた。その村は異常気象や怪物に悩まされており、今まさに少女ココを生け贄として捧げようとしていたが、悟天たちはその怪物を簡単にやっつけ、村を救う。だが、続いてそこに7年前に悟空が倒したはずの伝説の超サイヤ人・ブロリーが蘇った。悟天らの必死の戦いや、騒ぎを聞きつけたクリリンや悟飯らの力も及ばず、ブロリーの圧倒的なパワーのもとに彼らは絶体絶命に陥るが、その時7つのドラゴンボールが共鳴し、死んだはずの悟天たちの父・悟空が現れる。悟空、悟飯、悟天3人のかめはめ波によってようやく不死身のブロリーも倒れた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1994年
製作国 日本
配給 東映=東映ビデオ=フジテレビジョン=東映アニメーション=集英社
上映時間 52
カテゴリ 冒険ロマン
チケット 前売りチケットを購入する