閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ドラゴンボール 神龍の伝説」(1986)

63点63
『孫悟空』をモチーフにゲームソフト感覚で作られた、絶妙のキャラクターたちが活躍する冒険アクション・アニメ。鳥山明の同名コミックを基にTVアニメ化され、さらにその人気を受けて劇場映画化されたシリーズ全17作中の序章を飾る第1弾。後に続く「ポケットモンスター」ほかに大きな影響を与えた会心作だ。映画版オリジナル・キャラが毎回登場し、7つのドラゴンボールを巡って孫悟空たちが悪と激闘する。DVDは『DRAGON BOX THE MOVIES』に収録。

あらすじ

昔から語り継がれた伝説がある。この世の中には七つのドラゴンボールが散りばめられていて、その七つを集めると神龍が現われ、どんな願いでも一つだけ叶えてくれるというのである。ここはグルメス王国。花々は踏みにじられ、優しい少女パンジは心を痛めていた。悪党のボンゴとパスタがグルメス王をそそのかしてドラゴンボールを集めようとしているのだ。一方、悟空はドラゴンボールを探しているブルマと会ったのだが、悟空のドラゴンボールをボンゴたちが奪ってしまった。ボンゴたちを追う悟空とブルマ。途中、二人は森の中で鬼に襲われているパンジを救出した。ところがこの鬼の正体は弱虫のウーロン。そこへ今度は森の盗賊ヤムチャとプーアルが現われ、悟空と決斗するのだが、女の子に弱いヤムチャはブルマの姿を見ると逃げてしまう。パンジの話を聞いて手助けしようと決心した悟空たちは、世界一強いというカメ仙人に会いに行った。カメ仙人は悟空たちを気に入り、悟空にはキント雲を、ブルマには彼が首飾りにしていたドラゴンボールを与えた。いよいよ悟空たち四人はグルメス王国に乗り込んだ。待ち構えていたボンゴたちの猛攻撃を受ける悟空たち。ドラゴンボールの秘密を知ったヤムチャも巨大化したグルメス王に向かっていった。やがて、王が六つのドラゴンボールを腹の中に隠していることに気づいたブルマが、残りの一つを王の口めがけて投げた。そして−−あふれる光の中に神龍が姿を現わした。悟空はパンジに「願いを!」と叫んだ。「私の国をもとどおりにして!」。すると、国中に花々があふれはじめ、グルメス王は、もとのやさしさを取り戻したのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1986年
製作国 日本
配給 東映=東映ビデオ=フジテレビジョン=東映アニメーション=集英社
上映時間 50
カテゴリ 冒険ロマン
チケット 前売りチケットを購入する