閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「TOKYO 10+01〈トーキョーイレブン〉」(2002)

【DVD発売中】

22点22
『うずまき』でデビューしたHiguchinskyの監督第2作。賞金3億という“ゲーム“に参加させられたワケありの11人が殺し合う『バトル・ロワイアル』を思わせるアクション。安藤政信も出演。

あらすじ

2XXX年、NEO TOKYO。謎の財団法人ブラック・パピヨンの幹部、ミスター・Kによって、無作為に集められた11人の犯罪者たち(スネーク、ココ、フェイク、プリンス、ジンギ、エース、ウーロン&ジャスミン、マイクロ、トール、ビックマック)が、賞金3億円と過去の悪事の清算を賭けた鬼ごっこに参加させられることに。ルールは簡単。銃を持った鬼であるハンターの追跡を交わし、11時間以内に組織のボス・男爵の邸へゴールすればいいのだ。だが、もし時間までにゴール出来なければ、そのプレイヤーには”死“が与えられると言う。ゲーム開始! ゴールを目指し、それぞれにチームを組んで深夜の街を疾駆して行くプレイヤーたち。だが彼らは、ひとり、またひとりとハンターたちに消されてしまう。そして壮絶なゲームの末、たったひとりゴールしたのはスネークだった。しかし、彼には賞金とは別のある目的があった。それは、両親を殺した男爵への復讐。だが、男爵は既にミスター・Kによって殺害されていた。そう、実は全ては彼が仕組んだ罠だった。男爵の息子であるミスター・Kは、男爵の莫大な遺産を独り占めしたいが為に、それに邪魔になる異母兄弟たちを殺害すべく彼らをゲームに参加させたのだ。そんなミスター・Kの悪巧みを知ったスネークは、彼に怒りの銃弾をぶち込む。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2002年
製作国 日本
配給 ケイエスエス
上映時間 70
公開日 2002年8月3日(土)公開
映倫 R15+
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する