閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」(1987)

【DVD発売中】

70点70
世界3大奇書の一つといわれる『聊斉志異』の一編をSFXを駆使してまとめ上げた力作。舞台は、いつとも知れぬ古き時代。苦学の旅を続ける若者ニンは、とある古寺で妖艶な美女と出会い恋をする。ところが彼女は、悪の妖怪が人間の生気を吸い取るために利用している操り人形。それを知ったニンは、彼女を救うために一人の道士とともに妖怪に戦いを挑んでいく。コミカルな味も残しながら、格調高い東洋の幻想的エロティシズムとアクション、ホラーなどの要素が混然一体となって幽幻なラブ・ストーリーが繰り広げられる。美人女優J・ウォンもその世界にとけ込んでいる。

あらすじ

賞金稼ぎが横行する時代、お金もなくその日の宿にも困りながら旅を続ける寧采臣(レスリー・チョン)は、ある夜さびれた寺で一夜を過ごそうとするが、そこで二人の道士、夏候兄(ラム・ウェイ)と燕赤霞(ウー・マ)の戦いに巻き込まれなんとかその場を逃れるが、一方何者か美しい娘に誘惑された夏は、彼女によって精気を奪われ屍と化してしまう。その頃寧は、琴の音にひかれてある一軒家を訪ね、そこで小倩(ジョイ・ウォン)という美しい娘と出会う。実は彼女こそ夏を無惨な姿に変えた妖女だったのである。それを知った燕は寧に忠告するが、小倩に恋した彼は聞き入れようとしない。そして小倩も、若い男を釣る道具として自分を操っていた吸血鬼によって魔王の花嫁にされようとしていた。やがて二人は恋におち、小倩から真実を知らされた寧は、彼女を助けることを燕に懇願する。彼女の墓から壷を堀りおこし、明け方までに壷に戻れば彼女は再び人間になれるという。その夜お互いの思いを確認する寧と小倩だったが、それも束の間彼女は悪の力で魔界に連れ去られてしまう。彼女を追って魔界に乗り込んだ寧と燕は、魔王と戦うが魔物の力で力尽きようとしていたその時、小倩は自分の命を奪うかもしれない燕の神剣を魔王の胸に突き刺した。三人は助かった。しかし寧と小倩には悲しい別れが待っていたのである。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1987年
チケット 前売りチケットを購入する