閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「大丈夫日記」(1988)

【DVD発売中】

54点54
「男たちの挽歌」をヒットさせたT・ハーク、チョウ・ユンファのコンビによる痛快恋愛コメディ。雰囲気のある二枚目ユンファが口八丁手八丁のひょうきんなエリート社員に扮し、二人の女性と結婚して二重生活をおくる男のドタバタぶりを軽快に演じている。相手役の妻たちに扮するのは「上海ブルース」のサリー・イップと「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」の妖艶な幽霊役で人気を呼んだジョイ・ウォン。笑いのテンポが速く、広東語のテンポがこれにピッタリ。二人を会わせまいとして、ユンファが妻たちに向けてとっさに発する言い訳がご都合主義の面白さにあふれ、積み重なってさらに悪い事態を招くタイミングがキマっている。

あらすじ

証券会社に勤めるハッツアイ(チョウ・ユンファ)はある雨の夜、ブティックに勤めるジョイ(ジョイ・ウォン)とスチュワーデスのサリー(サリー・イップ)という二人の女性と、ほんの数分間に偶然出会い、たちまち恋におちた。そして成り行きから二人同時にプロポーズし、結婚してしまった彼は、ジョイとサリーの家を行ったり来たりの毎日を送り、幾度となく襲ってくるピンチも、得意の口八丁手八丁で乗り切ってゆくのだった。そんなハッツィの生活の犠牲になるのは彼の親友レイ(レイ・チーホン)で、ハッツィのための裏工作で身心ともボロボロになってゆく。しかしそんな彼の二重生活も、偶然ジョイとサリーが鉢合わせしたことで終わりを迎える。二人の妻は力を合わせハッツィに復讐した後、彼のもとを去ってゆく。ところが孤独を噛みしめるハッツィの前に姿を現わしたのは、ジョイとサリーの二人だった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1988年
製作国 香港
上映時間 90
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する