閉じるボタン

「地震列島」(1980)

【DVD発売中】

62点62
東海大地震の予言が飛び交う世相をバックに、アメリカ映画「大地震」の状況設定を日本に置きかえて作られた一作。ラスト50分の、大都市・東京を混乱に陥れる地震パニックの描写が見どころ。とりわけラッシュアワーの地下鉄が恐怖に変わるスペクタクルが迫真ものだ。

あらすじ

三原山火口で溶岩を観測する地震学者の川津陽一は、近い将来、大地震が東京を襲うと直感する。東海地震予知の月例会。陽一は観測データの異常性を訴えるが、学者たちは消極的で、防火対策は政府の仕事で、学者の職域ではないと取り合わない。遂に彼は三十日以内に直下型地震が東京を襲うと暴言を吐き、丸茂会長に撤回を求められ、孤立していく。そんな陽一の心を癒してくれるのは、研究所の所員、芦田富子だ。陽一は地震の権威、故川津宗近の娘、裕子と結婚していたが、二人の間はすでに冷えていた。ルポライターの橋詰雅之とカメラマンの梅島一枝は各地の異常な自然現象を取材していた。雅之は富子と同郷で彼女を密かに愛している。また、一枝も雅之に思いを寄せていた。燃えない車の開発、トンネル内での火災避難実験など陽一の行動はエスカレート。雅之は、富子のことがシコリとなっていたが、陽一の行動に関心を抱き、キャンペーンを展開する。政界、財界が集うゴルフ大会の日、首相が「東京を震度七の地震が襲ったらどうなる」と丸茂に質問。背後にいた陽一は「東京は世界一の無防備都市です」と答えてしまう。この発言で、陽一はますます孤立、研究所は閉鎖されてしまう。ある夜、陽一は別れを告げる富子に、逆に結婚を申し込む。熱いキスを交す二人。数日後、渋谷の料亭で陽一と裕子の離婚の話し合いが行なわれることになった。地下鉄で料亭に向かう陽一と裕子。部屋で仕度する富子。富子に結婚を思い留めさせようと彼女のマンションのエレベーターに乗った雅之。出張帰りで羽田に向かうジャンボ機に乗っている丸茂。そこへ、震度七の地震が襲ってきた。急ブレーキをかける地下鉄。将棋倒しの乗客、血と悲鳴と死の地獄と化した地下に、東京湾の海水が濁流となって流れ込み、さらに炎と煙が襲う。地上では、高速道路が崩れ、自動車が炎上。富子は崩壊するマンションの部屋に閉じ込められてしまう。そのとき、宙づりのエレベーターから脱出した雅之は富子を救出する。一方、陽一も、冷静な判断で乗客たちを誘導する。天災は止めることは出来ない。しかし、人間の愛と勇気と英知によってその被害を最小限にくい止めることが出来ることを、二人の行動は証明したのだ。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1980年
製作国 日本
配給 東宝映画
上映時間 126
チケット 前売りチケットを購入する