閉じるボタン

「白い指の戯れ」(1972)

【DVD発売中】

90点90
伊佐山ひろ子が演じるヒロインは、街角でふと知り合った男に処女を捧げても、何の屈託もなく男から男へとわたり歩き、現行犯の罪を一人背負っても悲痛な印象を与えない、新しい感覚の人物として造型されている。1970年当時、隆盛を誇っていたアメリカン・ニューシネマとも雰囲気的に似た印象を残し、ポルノというよりも新しいタイプの青春映画として見れる作品である。舌足らずなセリフ回しも可愛い伊佐山ひろ子の新鮮な魅力が光っている。

あらすじ

新宿−−。二人はほんの少し前に知り合ったばかりだった。ゆき十九歳。二郎二十二歳。二郎はやさしくゆきを抱いた。全てを与えたゆきは少しばかりの痛みを感じたがとても幸せだった。初体験に悔いはなかった。ゆきがいつもの喫茶店で二郎を待っていると、二郎の友人の洋子が来て、二郎がスリの現行犯で捕ったと知らされた。洋子はゆきに優しかった。そして洋子のアパートに行った二人は、自然に互いを求めあうのだった。数日後、例の喫茶店でゆきは、拓に呼びとめられた。「二郎からあんたのことを聞いたよ留置場で」。ゆきは拓にひかれ始めていった。拓はスリだった。そしてゆきもいつの間にか集団スリの片捧をかついでいく。拓の愛は激しかったがゆきは拓を離すまいと思った。ところがある日、拓はゆきを仲間に抱かせた。でも、ゆきは泣かなかった。さびしさのあまり一人でスリを働いていたゆきに、刑事の立川が近ずいた。刑事とも知らずゆきは身の上話をするのだった。ゆきは泳がされ始めていた。やがて拓は再びゆきのもとへ戻った。久々の拓の愛撫はすばらしかった。再びゆきは拓達と仕事に出かけたが、ゆきのせいで尾行されてると知った拓は、立川に「女をだますなんて汚いぜ」とすてぜりふを残して消えた。数日後、拓とゆきはバスの中で仕事をしたが見つかり、拓は追求される。見るに見かねたゆきは、自分一人でやったと自首するのだった。数日後、拓は新宿で立川と会った。「あいつどうしてますか?刑事さん」「あの女まだ一人でやったと言いはっているよ」立川が去った後、拓は次第に笑いがこみあげてきた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1972年
製作国 日本
配給 日活
映倫 R18+
チケット 前売りチケットを購入する