閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「サーチ&デストロイ」(1995)

0点--
芸能プロの社長マーチンは、失敗続きで破産寸前。そのうえ、税務署に滞納していた15万ドルの支払いを要求され、妻にも逃げられる始末。やけになったマーチンは、若者のカリスマ的な思想家、ルーサー博士の著書を映画化するという途方もない夢を実現しようとする。しかし、博士は映画化権に法外な金額を要求してきた。そこでマーチンは、ニューヨークでひともうけする計画を立てるが……。マーティン・スコセッシのプロデュースのもと、現代美術アーティスト、D・サーレが監督に挑戦。R・アークエット、D・ホッパー、C・ウォーケンをはじめとする豪華な顔ぶれがスクリーンを彩るハイパー・コメディ。

あらすじ

三流芸能プロの社長マーティン(グリフィン・ダン)は、失敗に次ぐ失敗で破産寸前。税務署からは滞納していた15万ドルもの税金の支払いを迫られ、妻のローレン(ロザンナ・アークエット)にも逃げられてしまった。彼は、深夜テレビで迷える現代人たちに生きる知恵を与え続けるカリスマ的な思想家、ワクスリング博士(デニス・ホッパー)の著作『ダニエル・ストロング』を映画化しようと思いつく。だが、博士は映画化権に法外な金額を要求した。先立つものがないマーティンはNYでひと儲けすることを計画。彼と意気投合した博士の秘書兼愛人で脚本家志望のマリー(イレーナ・ダグラス)も、行動を共にした。彼らは、冒険心を満足させる趣味として危ない仕事をする実業家キム(クリストファー・ウォーケン)や、その友人で裏の世界の顔役ロン(ジョン・タトゥーロ)を通じて麻薬売買に挑戦するが、あえなく失敗。懲りずに彼らは次なるヤバイ仕事に手を染めようとした。ところが、麻薬でラリって暴走したキムが、ロンと警官を射殺してしまう。キムは銃口をマーティンとマリーに向けるが、二人は逆にキムを殺してしまう。数カ月後、マリーの監督・脚本による低予算ホラー映画でひと儲けした彼らは、晴れて博士から映画化権を手に入れた。 【キネマ旬報データベースより】
原題 SEARCH & DESTROY
製作年 1995年
製作国
チケット 前売りチケットを購入する