閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「グレートレース」(1965)

【DVD発売中】

79点79
20世紀初頭。新聞社の主催するニューヨーク・パリ間の大オートレースに参加したレスリーとフェイト、さらに取材をかって出た女記者のマギーを交えての競争が始まる。抜け目のないフェイトはレスリー以外の参加車に細工をしてスッ飛ばす。マギーはレスリーの車に同乗し取材を続ける。フェイトは中欧の小国の皇太子にそっくりなことから、王位争奪戦に巻き込まれるがマギーらの助力で事件は解決、再びパリへの疾走が始まる……。サイレント時代の手法を大画面に駆使した豪華喜劇。J・レモンがフェイトと皇太子の二役をこなし、マンシーニの音楽が最高。エドワーズ監督の代表作。

あらすじ

20世紀初頭。ニューヨーク・パリ間の自動車大レースを思いたった男たちがいた。対抗意識の強いレスレー( トニー・カーティス) とフェイト(ジャック・レモン)で、いつもみじめな思いをするフェイトは、こんどこそ、と悪知恵をかけて大ハリキリ。ところで、マギ( ナタリー・ウッド) という、ある新聞の取材記者を買って出た男まさりが参加者に加わった。抜け目のないフェイトがレスリー以外の参加者を原因不明の爆発事故でフッ飛ばした。彼女は同僚のヘゼカイア( キーナン・ウィン) とレスリーの車に同乗することになった。レースはスタート。一行が着いた西部のある町では、フェイトのヤリ口も悪辣になり、レスリーをリリー( ドロシー・プロバイン) とその恋人との三角関係にまき込ませ、ひと思いに放火した。その後もガソリンをなくして馬に引かせるレスリー、河を渡ろうと、水浸しになるフェイト、……坂の多いサンフランシスコ、零下40度の猛吹雪の中を珍レースを展開、ロシアに着いた。大歓迎である。キュスター将軍(ジョージ・マクレディ)に迎えられたレスリーとフェイトとヘゼガイアは、皇太子を紹介されてフェイトと瓜二つなのにおどろいた。フェイトは国を乗っとろうという悪男爵のために偽皇太子にされそうになるが、マギらの助力で事件を解決させた。2台の車はパリへ向かってフランスを走る。が、恋仲になったレスリーとマギが痴話ゲンカを始め、ゴール寸前で仲直りしたものの、フェイトの車が追い抜いた。今度は彼が承知しない。ワザと勝たせたんだ、インチキだと。やり直しをすることになった。新婚気分のレスリーとマギ、掛け値なしの勝利を狙うフェイト。さて栄冠はどちらに、再びレースがはじまった。 【キネマ旬報データベースより】
原題 THE GREAT RACE
製作年 1965年
製作国
上映時間 150
チケット 前売りチケットを購入する