閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「怪談佐賀屋敷」(1953)

【DVD発売中】

0点--
講談で有名な『鍋島怪猫記』の映画化。お家争いに巻き込まれ、井戸に投げられて死んだ家老の呪いのため、奇怪な化け猫にほんろうされる佐賀藩城内の騒乱を描く。浪花千栄子が猫に憑かれて狂態を見せるほか、“怪猫女優“入江たか子も面目躍如たる怪演ぶりで大いに怖がらせる。

あらすじ

正室虚弱のため未だに世嗣をえない佐賀藩主鍋島丹後守は、家老磯早豊前のすすめで園遊会を開き、側室の候補を物色しようとする。豊前はその美貌の妹豊を側室にすえ、ゆくゆくは世嗣の伯父として藩政を壟断しようもくろみだったから、丹後守の眼に止ったのが客分の家老上席龍造寺又一郎の妹冬となると、心おだやかではない。龍造寺家はもと鍋島の主筋に当る名家、当然お妾に娘を出すことを肯んじなかった。豊前の中傷もあって大不興の丹後守は、盲人の又一郎を碁の対局中斬ってすてる。後悔する丹後守をはげまして豊前は屍を古井戸にすて、龍造寺家へは昨夜おそく退出した旨言いつくろう。側室には結局豊が居坐った。一方龍造寺家では当主の失踪を不審におもっていた矢先、母のお政の方の寝所に又一郎の霊が立ち、真相をつげる。鍋島への恨みに半狂乱となったお政の方は、一家の愛猫こまに復讐をいい含めて自決する。豊前の再度の中傷で龍造寺家は断絶し、豊前じしんが家老上席につく。豊はやがて懐妊するが、その頃から城中に相ついで怪異が起る。古井戸の底から棋譜を読む声がきこえてきたり、妖しい猫の声が丹後守の寝所のまわりに排徊したりする。するうちに豊前の母杉江に猫が憑き、それを見とがめた妻浪を食いころす。さらに猫は豊にのり移り、その魔気をうけて丹後守は明日をもしれぬ重病の床につく。冬の恋人、丹後守の近習小森半左衛門は妹露とはかって豊の正体を見ぬき、これを斬ることを主張するが、豊前は当然とり上げない。その豊前がこんどは豊に噛み殺され、ついで豊は丹後守の枕頭に迫った。半左衛門は名僧類典阿闍梨よりうけた護符を体して、これを防ぎ、ついに斬る。−−丹後守平癒ののち、半左衛門に冬を配し、前々どうり家老上席として龍造寺家の家名復興がかなった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1953年
製作国 日本
配給 大映京都
チケット 前売りチケットを購入する