閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「ブルー・ジュース」(1995)

55点55

あらすじ

コーンウォール。30を目前に控え、サーファーのJC(ショーン・パートウィー)は迷っていた。サーフィンにうつつを抜かす青春からおさらばして、結婚を望んでいる恋人クロエ(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)との生活に本腰を入れるべきなのか。彼の幼なじみのディーン(ユアン・マクレガー)とジュシュ(スティーヴ・マッキントッシュ)が結婚を控えた友人のテリー(ピーター・ガン)を連れて、スタッグ・ナイト(結婚を控えた男友達だけが開くパーティー)に彼を誘いに来た。喫茶店を開いて安定した生活に入りたいクロエはいい顔をしない。JCの悩みが晴れるのは、気が合う仲間とサーフィンしている時だけだ。ディーンとジョシュの手ひどい連れ回し方に怒っていたテリーだが、いつしかドラッグでハイになり踊り狂う。ビーチ・パーティ会場の外でディーンとかねて目標としていたビーチ、ボーンヤード(墓場)の件で口論するJC。クロエはそんな彼を見て不安をつのらせた。台風が近づき、ディーンはJCとボーンヤードでサーフィンすることを新聞社に売り込んでいた。彼の傍若無人な行動に愛想をつかせたJCはボーンヤードには入らないと告げた。ディーンは彼に裏切られ、新聞記者にも責められ、ついに一人で海へ。浅い岩場がブレイクするそこは危険な場所だ。JCはディーンを止めるため、結局海に入り、命がけでディーンを海から抱え上げた。だが、戻ったJCにクロエは別れを告げるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
原題 BLUE JUICE
製作年 1995年
製作国
配給 レイドバック・コーポレーション
上映時間 99
公開日 1996年6月15日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する