閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「完全犯罪〈1993年〉」(1993)

【DVD発売中】

43点43
M・アミックが魔性のヒロインに扮したサスペンス。銀行家のポールと若く美しいその妻ローレン、かつて彼女に裏切られ投獄されたリノ。脱獄したリノがローレンの兄と偽ってポールの家にやって来たことから、それぞれの思惑が複雑に交錯する。二転三転するストーリーに妙味あり。

あらすじ

刑務所に服役中のリノ(エリック・ロバーツ)は、7年前に自分を裏切って密告し行方をくらました女、ベルマが裕福な銀行家と結婚したことを新聞記事で知る。彼女への復讐だけを支えに生きてきたリノは、仲間のビリー(リチャード・オドソン)と共に脱獄する。今はローレン(メーチェン・エイミック)と名を変えた彼女は幸福の絶頂にあった。優しく知的な夫のポール(ジョン・リスゴー)は、父親フランク(ドナルド・モファット)の経営する銀行を継ぐために町に戻ってきた。リノは夫婦の前に姿を現わし、ローレンの兄だと名乗って屋敷に滞在する。リノはポールの銀行内部の見取り図を手に入れ、現金強奪を思いつく。一方、ポールは銀行の副頭取ターナー(ジェイソン・ワークマン)が、南米の麻薬王のマネーロンダリング(不正資金浄化)に関与していることを突き止める。彼はまた、リノの正体を怪しみはじめ、警察署長トム(デイヴィッド・エイクロイド)に調査を依頼した。ビリーを仲間に引き込んだリノは、ローレンを脅迫して強奪計画を実行し、銀行の金庫内にあったロンダリング用の紙幣を奪う。隠れ家に戻ったリノは、あらかじめ誘拐してあったターナーを、事件に関わったと見せかけて殺した。彼は次にローレンを殺そうとするが、そこへポールが現われ、3人はにらみ合う。怒りにかられたポールは逃げるローレンを射殺し、リノは逃走した。だが、全ては夫婦の狂言で彼女は生きており、潜伏中のリノは逮捕された。トムが押収した紙幣は3人で分配し、完全犯罪は成功した。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1993年
チケット 前売りチケットを購入する