閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「女吸血鬼」(1959)

【DVD発売中】

87点87
原作は天草四郎伝説と吸血鬼ものをミックスした、橘外男の『地底の美肉』で、中川信夫が、メリハリのきいた演出をみせてくれる。天草四郎の遺児・勝姫に憧れた画家が、その末裔をさらい、岩山の地下に若さを保たせたまま監禁する。女の娘とその恋人が、それを救おうとする物語。吸血鬼に扮する天知茂が圧倒的に素晴らしい。彼のニヒルさがここでは、はからずも宿命を背負った男の悲しみとして見事に体現された。

あらすじ

大木民夫は東洋タイムスの記者だ。フィアンセ・松村伊都子の誕生祝いに行った。彼女の母、美和子は二十年前失踪していた。がその夜、失踪した部屋から、美和子は昔のままの若さで、ふらふらと現れたのだ。奇妙キテレツというほかない。−−美和子をモデルにした絵が、美術展で特選候補になっていて、作者は不明なのだ。−−ホテル極東で、怪事件が起った。客の黒眼鏡の男・竹中がカーテンからもれる月光にあたると、のたうち始め形相が変りウェイトレスにつかみかかって殺したのだ。だが、彼は発作が収まると平然とし、誰にも知られなかった。この殺人事件に続いて美術展の例の絵が盗まれた。それが何者かの手で松村家にとどいた。−−美和子が深い眠りから覚め、一切を話した。彼女は夫・重勝と放射能鉱石を踏査中、画家竹中にさらわれ、彼の君臨する地下城に閉じこめられた。竹中は天草四郎の遺児勝姫にあこがれ、その後裔である美和子を牙にかけたのだ。城には小人や海坊主がいた。竹中の怖れる月夜の晩、彼女はやっと逃げだしたという。−−姿をくらましていた竹中が松村家に忍びこみ美和子を連れ去った。民夫は竹中を追って九州へ向う。三百万円の強盗犯人が山で怪物にあい、金を拾てて逃げたという話をきいた。小人や海坊主も見たと。一行は山奥へ向う。伊都子が行方不明になった。現場には、洞窟の入口があった。中は水晶の城だった。城主の腕に、伊都子が失神していた。乱闘。城主・竹中はロウ人形室に逃げこんだ。月光がさしこみ、彼は苦しみだし、美和子のロウ人形にとりすがって死んだ。地下城は爆破され、民夫と伊都子らは逃れた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1959年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 79
チケット 前売りチケットを購入する