閉じるボタン

「狼」(1955)

【DVD発売中】

84点84
新藤兼人のオリジナル脚本を自ら監督した近代映協の自主製作作品。貧しい戦争未亡人、自動車修理工、映画脚本家、元銀行員らが、互いに励まし合って懸命に働くがうまくいかず、やむなく銀行強盗に手を染める姿を描く。冷徹な客観描写が貫かれ、出口なき状況に置かれた人間たちの絶望的な心理をリアルに伝えている。

あらすじ

戦争未亡人の秋子、元銀行員原島、元自動車修理工三川、元映画脚本家吉川、音楽学校出身の未亡人富枝の五人は東洋生命の外務員に採用された。彼等は半年で五百万円の契約を取る責任を負い、初め二十二人いた仲間も次第に減り半年後には彼等五人だけになって了った。五人は互に励まし合って来たが追いつめられ、自殺をするか強盗をして金を手に入れるかする他に途がなくなって了った。絶望した五人は三川と吉川の提案で、公金輸送の定期郵便車を襲う決意をした。犯行の朝、三川は渋谷で用の高級車を盗み、四人を乗せて現場の横浜市の南の国道狼坂へ向った。秋子と富枝が見張りに立ち、三川、原島、吉川等は日本刀と猟銃をつきつけ、運転手等を高級車後部のトランクに押しこめ、立川で車を捨てた。七万円ずつの分け前を取り、彼等は二度と会わぬことに決めた。秋子と離れ難くなった原島は、女房に手切金を渡して、秋子の家を訪れた。翌朝、吉川は質札から足がついて逮捕され、また富枝は愛児二人を道連れに東京湾汽船から投身した。秋子と原島は、新聞でそれを知り自首を決したが、既に逮捕の手は二人の身辺に迫っていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1955年
製作国 日本
配給 近代映画協会
チケット 前売りチケットを購入する