閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「愛を弾く女」(1992)

50点50
ヴァイオリンの工房を共同経営するマクシムとステファン。陽気なマクシムは新進ヴァイオリニストのカミーユと恋仲にあったが、物静かなステファンも彼女の美しさに魅了されていた。やがてステファンの熱い視線にカミーユも気付き……。大人の男女の三角関係をクールに見つめた、味わい深い恋愛ドラマ。

あらすじ

美貌の新進ヴァイオリン奏者カミーユ(エマニュエル・ベアール)は、パリのレストランで二人の男性に出会う。一人は自分の愛人で楽器工房経営者のマクシム(アンドレ・デュソリエ)、もう一人はマクシムとコンビを組む楽器の“外科医”ステファン(ダニエル・オートゥイユ)だった。音に関して天才的な感覚を持つステファンは、カミーユの持ち込んだヴァイオリンの魂柱をわずかに細工して彼女の望み通りの音を作り驚かせる。カミーユは自分に注がれるステファンの強い視線を意識し、マクシムとでは味わえない高揚感を与えられるようになった。カミーユはマクシムに別れを告げ、ステファンに愛を告白するが、彼は「君のことを愛してはいない……」と言う。傷心のカミーユは演奏旅行に旅立ち、マクシムとステファンの友情は壊れ、二人は工房を別にするようになった。八か月半の後、三人は再会した。マクシムとカミーユは再び一緒に暮らすようになっていた。苦しみを乗り越えたカミーユは前にも増して美しくなり、音楽家としても成長していた。カミーユはステファンと言葉を交わし、視線を交わしながら、あの苦しみが自分の人生と音楽を大きく成長させたことを知るのだった。 【キネマ旬報データベースより】
原題 UN COEUR EN HIVER
製作年 1992年
製作国
チケット 前売りチケットを購入する